categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category同人誌

御無沙汰でしたが生きてます

trackback0  comment0
気がつけば、前回更新よりも5日も過ぎておりました。
自分の中ではまだ二日ぐらいの気分でしたよ・・・

というか、ブログ以前にパソコンをいじったのが五日ぶりであることに驚愕!!!
ヲタのくせにね。
ついにヲタであることすら中途半端なのかしらん(グスン

実は最近韓国ドラマを見ているせいでパソをいじる時間がないのです。
向うのドラマは全部で100話を超えるものがたくさんあるのですごい見ごたえがあって面白いんですよ。

日本のドラマって短いからどうしても話が浅くなり勝ちなのが欠点というか、面白みにかける点として挙げられるとおもうんですよねん。

というわけで、このドラマと平行してある同人誌を読んでいたせいで5日もあっさり過ぎていったのですが・・・・

akusou.gif

これマジ分厚かった!軽く辞書ぐらいあるかも(笑)全部でなんと495P。
でもすっごい面白くてですねー。
全部で四章から成ってる物語なんですけど、一日一章って決めて寝る前に読んでましたー。

舞台は「御江戸」という世界観で「江戸」に限りなく近いんですけど江戸じゃないという場所の
お話でございます。

メインカプは大店の主人・加納雷蔵×丁稚・アズサのお話です。
なんと14歳差カップルなんですが、まだどっちも若くてなんか微笑ましかったですー。
28歳と14歳・・・最終的に30歳と16歳になるんですが、今なら犯罪やななんて思いつつここは
「御江戸」やから~と楽しく読ませていただきました。

御江戸ものってなんでこんなに楽しいんでしょう。フフフ。
やっぱり言葉遣いがいいのかな~雰囲気でますもんね!

あと二人のラブと平行して御江戸で起こるさまざまな事件が新鮮といいましょうか。
陰間やら読売やら辻斬りやら今では聞きなれない言葉がいっぱいでてきて楽しかったです。

それから、主な登場人物たちの性格がすばらしかったっっっ
まず

雷蔵主・・ぐうたら暴君。でも商いの才はずばぬけている。アズサがすることはもう可愛くって仕方がない。

アズサ・・めちゃくちゃドジ。いやもうドジを通り越して何もできないコ。アズサの入れるお茶は下剤へ早変わり。始めは意思疎通すらままならなかったが、雷蔵が根気よく付き合ううちに成長し、最終的には・・・フフ。

金間初介・・大番頭。雷蔵と表裏一体の関係。彼なしでは店は成り立たぬ。彼には秘かな想い人あり。でもこの恋の成就は難しい。

遠藤傘市・・雷蔵の弟。医者。しかし死体が大好きなので死神医者の異名あり。

里中覚悟・・雷蔵、傘市の幼馴染。雷蔵とは犬猿の仲。以上に大食いのくせに蚊の鳴くような声で喋る。

河内屋兵衛・・読売「河内屋」の跡取り息子。手足の長さと落ち着きのなさから小猿といわれていたりする。

こんな感じの人々を中心にお話が展開されます。
他にも御江戸一の芸者・上瑠璃太夫とかもでてきてすっごい暖かみのある、良いお話なのです。
その上サスペンス要素ありーの、ラブ要素ありーの(ちなみにサブカプもいます)、とっっっっても面白かった!良い!!買って良かった!!!

まだお話は続いているようで今後も追っかけようと思います。

この同人誌のおかげで、未読本で部屋が溢れかえっております。
はぁ・・そろそろ消化するか。

あ、この本って商業誌じゃないので画像やら登場人物の性格やら出していいのだろうか・・・
今いち理解していない危ない子です、自分。
もしダメでしたら、誰かお教えくださると助かります(他力本願)

では~
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/99-3a3ad990
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。