categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category加納邑

皇帝は虎を求める(新装版)/加納 邑

trackback0  comment0
皇帝は虎を求める


 この本は大学が早く終わって、本屋をぶらついているときに見つけました。

普段門地さんが挿絵のノベルズは買おうとあまり思わないんですが・・・

雨のかわいさにやられ、あらすじがあまり読んだことのないタイプだったので買ってみました。

買って正解でしたヽ(▽`)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ

あらすじ

 『虎を捕まえた者は、皇帝がなんでも望みをかなえてくれる』
 貧乏な雨(うー)は、楽士になる夢をかなえるため、虎退治をすることに!手助けしてくれるのは、街で雨の危機を救ってくれた、謎めいた美丈夫・白。
高貴と野生の入り混じった精悍な姿、金色の瞳に情熱を秘めて、「誰かに心から愛されたい。それが唯一の望みだが、皇帝にもかなえることはできない」と囁く彼を、雨は大好きになって・・・




感想

 このお話は中国が舞台のお話です。現代じゃありませんよ?昔のです。

今まで、昔の世界が舞台のBLを買ったことがなかったんです。(江戸時代とか・・欧米ものなら伯爵とかでてくるような)

これは思いっきりファンタジーでした!笑 歴史とかまったく関係なし。世界観だけですねー。

感想なんですが、題名とあらすじから白が何者であるかはまぁ予想がつきますよね笑

でも話の展開が自分でも考えてなかった方へいって、とてもおもしろかったです
雨の虎退治に参加する動機があまりにも心やさしい理由で、自分とかけ離れているなぁとあっけにとられつつ、ストーリーに入って行っちゃいました。

白の押しにたじたじになっている雨も超!かわいかったし、囚われたときの雨の頑固さもよかった!!なよなよしているんじゃなくて、きっちり意思を持っている男の子です。

ストーリーもきっちりしていて浮ついた感じはありませんでした。ちゃんとオチもついているし、大変満足できました

話の傾向→甘々 H描写→しっかりめ

 話は変わりますが、BLを買いだしたのが最近だったので、ビブロスさんが倒産したことを最近まで知りませんでした汗

そしてたくさんの本が絶版になってしまったことも。でも新装版を発売してくれてホントうれしいです。この本も前は読んだことがありませんが、こうして出会えてうれしい限りです

しかも、今月に虎シリーズ、「皇帝は白百合を奪う」と「皇帝は花嫁を抱く」が同時発売!!

なんて私はラッキーなの

これは是非とも買わなければっ!

皆様も是非ご一読くださいマセ
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/7-a05694a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。