categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category日記

バリに行って来た。

trackback0  comment0
お久しブリーフ。

3、4月は自分でもびっくりするほど、私生活が乏しかったような気がします。

資格試験があったためと、GWの休日をもぎ取るために常に前倒しで仕事をしかくちゃいけなくて、
自分の中では大忙しの月でした( ´ー`)フゥー...

3,4月をやりぬいたおかげで、無事!GWの中日3日をすべて休みにできたー!_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!

てなわけで、バリ行ってきました。

バリはインドネシアの1州に当たる島です。
スパが有名ですよね!

この旅行、初日からトラブルが発生しました。
興味ある方は続きをクリック。
久しぶりに硬い口調で記事を書いてみた。
私たちの申し込んだツアーは、早期予約すると60分のスパが無料でついてくるというものだったのだが、
そのスパをバリ到着日の夜に予約しておいた。日本にいるときに。

で、いざ予約の時間になって、スパの受付のお姉さんに名前を言ったら、
めっちゃ早口の英語で「あなたの名前、もともと予約入ってないわよ」みたいなことを言われた。

は?( ゚д゚)
日本で予約して、予約完了してますって旅行会社から言われたんですけど?

こっちも話せない英語を駆使して、「この時間に旅行会社から予約したって聞いたんですけど!」
と言ったが、「フル、Today Full.Sorry~(今日は予約が埋まってる)」相手は聞く耳持たず。

とりあえず、この人に行っても無駄だと我々は判断した。
でも、ドタキャンされた怒りは収まらなかった。


だからまず、ホテルのフロントに直行。
日本語を話せるスタッフを出してもらい、事情を説明。

自分たちが過失をしたと認めたくないのか、それとも完全にそんなことありえないと思ってるのか、
こちらの事情を全く呑み込まない!!!
何度も、元々予約してたはずなのに、予約が入ってなかった!!と言っても、
「あ~。予約キャンセルされたのはいつですか?」とか、全く噛み合ってないことを何度も言ってくる。

でも相手も第3言語である日本語で頑張って対応してくれようとしてたのはわかったから、
(バリは基本英語とバリ語)
根気強く、小学生に説明するようにこんこんと同じことを何度も何度も言ってようやく!事情をわかってくれた
様子。

私たちはスパで追い返された時点で相当頭に来てたのに加えて、ホテルマンがこの事情を理解するのが遅くて
イライラは最高潮に。

「ともかく、他のスパ、今から探してくださる?(#^ω^)ビキビキ」

こちらは初日にスパを受ける予定でスケジュールを組んでいたので、他の日にスパを入れることは
不可能だった。

ホテルマンはどうにか事を荒立てず、別日に予約を入れ直したかったみたいだが、別日はもうこちらのスケジュールはいっぱいだった。

だからこそ、初日のスパをとても楽しみにしていたのにこの仕打ち。
絶対スパを受けたかった。

私たちの怒りを察知したのか、夜遅くにもかかわらずスパを予約してくれ、送り迎えのタクシー代も払ってもらった。

このときは、これがホテル側の過失なのか、旅行会社の過失なのかが判断つかなかったため、スパ代は自分たちでひとまず払って、どちら側の過失か判明したときに、責任を取って過失した側にこの代金を払ってもらおうと友人と固く誓い、1日目終了。

このときすでに、精神的疲労が…(笑)

2日目、1日目のスパ事件について友人とモヤモヤしながら申し込んでいた海のアクティビティへ。
朝、担当者が迎えに来てくれるというので、ホテルのロビーで待っていると、申し込んだ旅行会社の人が
やって来た。「お待ちしてました。さっそく行きましょう」と、その人に言われ、バスに乗り込み出発。

旅「昨日はラクダ楽しかった?」

我々「は?え、昨日は何もしてませんけど…夜にバリに到着したので」

旅「え?昨日はラクダツアーでしょ?」


( ^ω^)・・・

人 違 い だ っ た<●><●>

人違いと気づいとき、友人の時計を見ると、集合時間まであと5分。
バリは交通渋滞がひどい上に、一方通行ばかりなので、元来た場所に変えるのもひどく遠回りをしないといけなくて時間がかかる。

早くホテルに戻って!!!!と内心叫んでも、車はちんたらとしか進まない。
急ぐ様子もない旅行会社の人たちに、
「あの~集合時間に間に合わないならせめて私たちの担当の方に事情を話してもらえませんか」
とお願いした。

すると、こういわれた。
「大丈夫。まだ時間に余裕ある」

は?( ゚д゚)
あと、5分ですけど!?
こんなに渋滞してるのに間に合うわけないやん!(# ゚Д゚)

と、そのとき。

友人「あ!!まこっちゃん(私)、ごめん!あたし時計の国設定グアムにしてたわ!!」

え。
え?Σ(´∀`;)

国設定をインドネシアにすると、あらびっくり。

我々の集合時間の20分前だったんですねー:(;゙゚'ω゚'):

イライラしてすみません、旅行会社の人。
あなた方の名前確認をしなかったことがこのミスの発生原因だとは思うけど、
こればっかりはこっちの不注意もあったと思うのだ。

初日に続いて、2日目もアクシデント。
私と友人は旅行会社に任せきりになっていた気持ちを、
自分たちでもちゃんと注意しないといけないと気を引き締めた。

海のアクティビティは最高だった。
もう一度今からでも行きたいぐらいだ。

我々がしたのはシーウォークといって、海底4,5メートルの深さのポイントで酸素が満たされたヘルメットを
かぶり、海底を歩くというもの。

漫画・ワンピースで、ルフィたちが海底に沈んだ船を調査しにいったときのような恰好で行った。
ヘルメットが35kgぐらいあるらしくかなり重いので、水に顔が浸かった瞬間ぐらいに被せられて、そのヘルメットの重みで、海に沈んでいくというものだった。

熱帯魚やイソギンチャクとたわむれ、水中で写真なんかもとってもらい、本当に楽しいひと時だった。
朝の乗り込むバスの間違いなんてなかったのだ、そう思った。

そしてバリ旅行も中盤の3日目、この日は丸々1日観光の日だった。
旅行会社からは、「8:30~8:45に集合です」とバリ到着時に伝えられていた。

2日目のようなミスをしないように、名前をまず確認しようと友人と言いながら8時半に集合場所に到着。
すると、もう旅行会社の人が来ていた。腕を組んでこちらを見つめている。なんなのだ?

旅「●●(友人の名前)さん?」

我々「はい、そうです。」

旅「遅いね。集合時間15分過ぎてるね!」

我々「は?( ゚д゚)」

もう、何度目の( ゚д゚)ポカーンかわからない。

そちらが言った通りの時間ちょっきしに来たではないか!

我々「8:30~8:45とホテルに案内してくれたガイドさんから言われたんですけど」
※このときのガイドさんと、ホテルに案内してくれたガイドさんは別人。ちなみに我々を間違えて連れ去った2日目のガイドも別人。

旅「そんなこと言うはずない。このオプションは旅行会社で集合時間が決められてるんだから!」

我々「( ⁍᷄⌢̻⁍᷅ )」

というわけで、どうやら我々が悪いらしい( ꒪⌓꒪)

待たせてしまった他の参加者の人には謝っておいたが、全然釈然としない!

この瞬間、この旅行会社の信用は地に落ち、二度と使わんと決めた。

肝心の観光は、バリ舞踊などを観てきたのだが、あまり質の良いものとは思えなくて、観光はぶっちゃけバリは必要ないなと感じた。
もしこのブログを見てる人で今度行こうと考えてる人は、観光は抜くことをオススメする。

そして忘れてはならない初日のスパ事件。
旅行会社にも、観光に行く前に連絡をいれておいた。

対応してくれたのはやはり、日本語の話せるインドネシア人だったので、
事情説明がこれまた時間を喰った。価値観の違いなのか?クレームということに全然気が付かないのだ。

それでもホテルの日本語スタッフよりは全然流暢に話せた人なので、
ホテルに対してしたときよりは事情を理解してもらうのは早かった。

そしてやはり、論点はスパの予約が出来てなかったのはホテルのミス?
旅行会社のミス?という点だ。

今から旅行会社とホテルで話し合うのでしばらくしたらまた電話をかけるとのこと。

そして待つこと15分。電話がかかってきた!(✧◡✧)

結論から言うと、どうやらホテルの過失だったようだ。

スパの予約は、
旅行会社→ホテルフロント→ホテルのスパという順序で予約の連絡が行くらしいのだか、
この連絡経路の
「旅行会社→ホテルフロント」の連絡済み証拠はみつかった。
「ホテルフロント→ホテルのスパ」も連絡済の証拠が見つかった。

じゃあ考えられるのは、スパで何かがあったに違いない。
すると案の定、「スパの店員が、勘違いをして勝手に○○様の予約をキャンセルしてしまったそうです。
スパ側がそう申してます。」と。

どういうことなの…
一体どんな勘違いをしたら、勝手にキャンセルなんて事態が発生するんだ( ゚д゚ )クワッ

まあともかく、ホテルが悪いってことはわかったので、初日に被った分の出費は返金をお願いしますと言うと、
ホテルと交渉しますので、明日には、つまり観光中に返事をするということになった。

そして観光中、電話がきた。

初登場の、日本人の女性スタッフだった。
電話に出ると、まず始めに謝罪された。
あぁ…日本人だ…(笑)

ホテルとの話し合いの末、初日のスパ代返金+受けるはずだったスパのサービスに加え、
お詫びとして30分の特別サービスもお付けするとのこと。

スパは帰国する日になんとかねじ込めたのでもう万々歳。
海外だからって泣き寝入りしなくて良かった。

現地の窓口は有効活用しないとなとこの旅行を通して学んだ。

旅行会社と、ホテルのいざこざは抜きにしてバリ自体は本当に素敵なところだった。

海はぶっちゃけそんな綺麗じゃないがホテルのプールサイドでのドリンクサービスが充実してたし、
海辺も寝転べる所がたくさんあってゆっくり過ごせた。

スパは今回60分コースしか経験出来なかったか、オイルマッサージが気持ちよ過ぎてやばい。
フラワーバスとかで足を洗ってくれたり、スパをする場所が良い香りで包まれていたりして、
本当にリラックスできる。最高。
日頃のストレスからふわ〜っと解放される。

もしもう一度バリに行くなら、スパ三昧と海やプールでゆったりが良い。
観光はなし。
ショッピングも言うほど買う物がないから、それだけでいい。

色々経験したが、これも今後の海外旅行の糧になるだろう。
一緒に行った友人とも言っていたのだが、バリは本当に楽しいところだ。

現地の人も、責任問題が発生しない限りは優しい(笑)

また行きたいと思わせる国だった。
来年もまた行けることを願って…



END.
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/535-f216e0f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。