categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category宝塚

ベルばら談義

trackback0  comment0
いやぁ~月組のベルばら良かったです。


個人的に、アンドレが超理想のアンドレで!!!!!
そう!こういう風に演じて欲しかったんだよー!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

と思わせる、私のツボどんぴしゃのアンドレでした。

壮さん、最高ヽ(´ー`)ノマンセー

この3連休、昼過ぎまで寝るということがなく、自分としてはなかなかに有意義に
過ごしている気がします。

昨日なんて、ゲーム実況動画を1日見てたんだよ!?
なんて、アウトドア派の人に行ったら「この人、残念…」て思われること必至のことをして
1日終了(笑)

BL読もうと思っていたのに、おかしいな~(苦笑)

で、今日はベルばらでしょ!?
もうこれは、何度も言ってますが、超大満足で、めっちゃいい時間を過ごせました。
そういえば、前回の宝塚でのベルばらはもう7年前になるんですって!!!

それを言われると、一気に年取ったなーーって思っちゃいました(;´Д`)
だって、つい最近のことのようですもの。

で、明日はサイコパスを見て、
榎田先生の「nez」を読もう。

ところで、今日は宝塚のベルばらではなく、原作のベルばらについてちょっと
おしゃべりしようかなと思います(´∀`)
お付き合い頂ける方は続きをクリック♪


ベルサイユのばら 全5巻セット (集英社文庫(コミック版))ベルサイユのばら 全5巻セット (集英社文庫(コミック版))
(2009/07/21)
池田 理代子

商品詳細を見る


原作はもう有名ですよねー。
私の母世代がリアルタイムでベルばら最盛期を楽しんだみたいですが、私が生まれて
物心つく頃になっても、我が家の本棚から消えたことはありません。

てか、すごいなマーガレット。
こんな濃い恋愛もの、かつ歴史モノを連載していたんだ!!!
最近のマーガレットはぶっちゃけ全然どんな作品が連載されているか知らないんですけど、
自分の中でのマーガレットって、純愛もので、健全!ってイメージが強いから意外でした。

あ、ちなみに私の知ってるマーガレット作品は、パフェちっくぐらいで止まってます。(笑)
あのときが、一番少女漫画にはまったな~
「彼までラブkm」とか!!!
うわーなんか、懐かしい…(遠い目)

連載終了から30年以上経ってるのに、未だに愛されてるって本当にすごいですよね!?
まぁ我が家の場合は、宝塚も好きなので、ベルばらが再演される度に原作も恋しくなるから…という
理由もあって、ずっとウチの本棚に居座っているのかもしれません(´∀`*)ウフフ

我が家にあるのは、↑のバージョンは無くて、↓でした。

ベルサイユのばら [文庫コミック] (1-5巻セット 全巻)ベルサイユのばら [文庫コミック] (1-5巻セット 全巻)
()
池田 理代子

商品詳細を見る


表紙には、どこにも絵がないのです。
なんで、初めてベルばらを手に取ったときは、「一体どんな絵なんだろう…?」と
疑心暗鬼になりながら手に取った覚えがあります(゚∀゚)

絵が出てきて、「おぉ!なんかキラキラしてる!でも綺麗だわー(´∀`*)ポッ」と思いながら
一気に最後まで読み進めてしまったのを覚えています。


あれ、いくつぐらいだったかな~中学1年生ぐらいだろうか…
中1なんで、ぶっちゃけ、そんな深くは物語を理解したわけではなかったけど、アンドレとオスカルが死んだときのショックは忘れられない・゚・(つД`)・゚・

あと、マリー・アントワネットが断頭台に上るときも、なんかショック受けたなぁ…
ちょっと、怖かったといいますか。人が死ぬのを民衆が喜んで見ているっていうのが、ショックだったんだよなぁ。

貴族から平民に対しての扱いは、相当辛辣に描かれていますが、物語終盤の平民から貴族に対しての態度も
同様に辛辣ですよね。

結局は、貴族が平民にしたことを、平民が貴族にやり返したということなんでしょうけど、
やってやり返してを繰り返しても終わりがないのに…といつもベルばらを読むと思います。

だからこそ、フランス革命からロべス・ピエールの暴走のようなことになっちゃったんですよねぇ…

まぁ、そんな話は置いときまして( ̄ー ̄)ニヤリ

でぇ、やっぱり行き着く話は、
あなたは、アンドレ派?フェルゼン派?それともベルナール派?
いやいや、性別の壁は越えてオスカル派?!

っていうことですよねー!イヤ━━━━(*´∀`)━━━━ン!!!!

私は、ぶっちゃけ初めて読んだときはフェルゼン派だったんですよね。
単純な話、外見が好きだったんです(∀`*ゞ)テヘ

あの、池田理代子先生のお美しい絵柄で、醜いキャラクターなんて主要キャラにはもちろん
いないですけどね!?

あのフェルゼンの、後ろに一つで髪をまとめてて、かつキラキラした瞳が好きだったんですよー。

でも、今は圧倒的にアンドレっす(`・ω・´)

もう、話をしっかり理解した今となっては、あのアンドレの秘めたオスカルへの熱い愛情と、
オスカルに求婚する男への嫉妬でオスカルをどうにかしてやりたい!と苦しむ姿が、
色っぽくて、最高です(*´Д`)ハァハァ

あんなさぁ、ハンサムで優しくて、なんでも言う事聞いてくれるけど心配もしてくれる男が幼馴染
って何!?そんな現実はこの世にはないわ~~~!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

あぁ~いいなぁ。幼馴染LOVE。
ベルばらってもしや元祖幼馴染LOVE?(笑)

1夜だけでも、2人が共にできて良かったと思わずにはいられません(TдT)
あの二人が万が一、無事に結婚できていたら、すごく幸せに暮らしている姿しか思い浮かばない
ですもの(´;ω;`)ウッ…

やばい、なんでかわからないけど幼馴染BLが欲しくなってきた(∩˃o˂∩)♡


でもベルナールもカッコいいですよね~
結局誰でもいいんか?(笑)
いや、アンドレが至高( ー`дー´)キリッ

ロザリーに対して、いつもきりっしてるベルナールが
照れ照れしてるのが、大好きです。可愛い!!!


また、ちょっと宝塚の話に戻りますが、今日のベルナール役・明日海りおさん。

超ベルナールはまってました( ゚д゚ )クワッ!!

ロザリーがオスカルをめちゃくちゃ心配しているのを見て、
「妬けるな~」って苦笑しながら言ったり!
「今日は、早く帰れそうだ。おいしいごはんを作って待っててくれるかい?」
って目線を合わせながら言ったり!!

かっこよすぎーーー!!!
キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

とりあえず、ベルばらの男たちはどいつもこいつも乙女のツボを押さえてやがんだよー!!!

そうして、今の素敵な2次元の世界が広がったんだろーな。きっと!


すんません、なんかすごいオ〇ニー記事になってしまった気がします。
私が書いていて気持ち良かっただけかも(((( ;゚д゚))))アワワワワ

ここまでおつきあいくださった方、ありがとうございました!

最後に、宝塚月組公演「ベルサイユのばら~オスカルとアンドレ編~」、本当に素晴らしい出来栄え
ですので、興味を持たれた方は是非足を運んでみて下さいね!!(´∀`)








P.S.
前回の「愛を囁くピアニスト」にたくさんの拍手ありがとうございます!!(,,◕ ⋏ ◕,,)
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/524-7ea27402
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。