categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category凪良ゆう

真夜中クロニクル/凪良 ゆう

trackback0  comment4
ひっさびさに、BLの感想です。

心がポカポカする話が読みたいなぁと思って、自分の本棚から選んできて読みました。

選べるほど未読のBLが本棚にあるっていう状況がどうなのよ、って話なんですが、
腐女子のみなさんならきっと納得していただける状況だと思うんです!(ぇ

商業誌腐女子は、毎月新刊チェックで忙しいし、お金もかかるんだからね!?

というわけで、感想です。

びっくりするぐらいgdgdになってしまいました…orz

真夜中クロニクル (リリ文庫)真夜中クロニクル (リリ文庫)
(2011/04/12)
凪良 ゆう

商品詳細を見る



太陽の下に出られない病気を持つニーナは、気難しくて偏屈だ。そんなニーナが、夜の公園で7つも年下の陽光と出会う。どんなに邪険にしても無邪気に寄ってくる陽光を煩わしく感じるが、ニーナは次第に心を詳していく。そんな二人がすべてから逃れるため、星降る夜に飛び出した―。温かな恋心でニーナを包み込む陽光と、寄せられる想いに戸惑って踏み出すことができないニーナ。時を経て変化に呑まれながらも、成長していく二人が辿り着いた先とは。


読み終わってまず思ったのは、ニーナと陽光は運命めいたものを感じるなぁということでした。

二人が初めて出会うのは夜の公園だったんですが、実はニーナの母の知り合いの子が陽光で
ニーナを追いかけて陽光がニーナ家までやってくるというところから二人の物語は始まります。

光線過敏症という特殊な病気を持つニーナは、小学校でいじめられて特殊学級に移っては。。。と先生方に言われたことに絶望し、不登校となるのですが

ニーナ大好き陽光も、児童劇団という特殊な環境に入っていたことから学校でいじめを受けていたのです。

いじめを経験した者同士、分かち合えることもあるし、何より陽光は病気で鬱屈してしまったニーナを特別扱いせず、いつも素直にニーナの美点を誉めちぎる。

そうされるとやっぱり人間心を開いていくもので、ニーナも少しずつですが、陽光に心を開いていきます。

この出会いからして既に、私はニーナという人が出会うべくして出会った人が陽光なんだろうととても強く感じました。

陽光は毎日ニーナ家に遊びに来ていたんですが、あるとき東京へ戻らないといけなくなってしまいます。
陽光は実は祖父の家にいて、家は東京なのです。

そのときにニーナにラブレターを渡して去るんですけど、その内容がねぇ…
泣けるんですよねー!(´Д⊂グスン

もうニーナへの愛でつまっているというか!
11歳の少年が書く、等身大の言葉で精いっぱいの愛を伝えていました。
年下の陽光が必死で7歳の年の差を埋めたがっているのがありありとわかる文章で、とってもかわいいラブレターでした。
NINA MY ROVEですとか言っちゃって。
LOVEだろてめー!(*´Д`)
なんていう赤面ものでした(笑)
表紙のROVEは、そういうエピソードがあるのですよ。

その後16歳になった陽光と23歳になったニーナへお話は移るんですが、
こうして二人の出会い・幼少期に一緒に過ごした時間がしっかり描かれているおかげで、
二人の関係があれからどのように変わったか
二人の考えていることがどのように変わったのか
をよりわかりやすく感じることができました。

子役上がりの陽光が、俳優の仕事が減ってきて上手くいかなくなったり
ニーナが趣味だった音楽で注目を浴びるようになって来たり。

ニーナを守れる男になる!と誓って仕事に励んでいた陽光が、ニーナを守るどころか
仕事面でさえニーナに追いつけない状況に心が折れてしまいそうになったりもします。

仕事がうまくいかない陽光を見て、ニーナもまた自分は彼のために何ができるだろうかということを次第に考えるようになっていきます。

初めは陽光が一方的に想いを寄せているという関係でしたが、陽光からの弱音を聞き、また距離を取られてしまったニーナはようやく自分は陽光にこの関係を維持するのを任せっぱなしだったことに気付き、自責の念に駆られます。

そうした主要の二人が、人生を共に歩んでいくうちに壁にぶつかって精神的に成長していくさまを見て、二人をより応援したくなりました。

男性同士のラブよりも、人と人の絆の強さ、精神面での成長に重点を置いたお話だったように思います。

ラブはラブで、二人が壁を乗り越える勇気を得て、順調に仕事が走り出したあとぐぉーっとニーナのデレ攻撃がさく裂してとっても面白かったです。にやけます。

自分にとって無くてはならない人と出会った。
その人のために自分は何ができるのか。
その人にとって自分の存在とはなんなのか。

そんなテーマを抱えたキャラクターたちの織り成す、純愛ラブストーリーでした。

とっても読みごたえがあってお勧めです。
性描写も少なかったので、エロがそんなに好きでない方にもおすすめです。
スポンサーサイト
 
はじめまして!
ブログ読みましたσω`*
真夜中クロニクル・・・今度読んでみようかな・ω・!!
感想すごく読みやすいです///

リンクよろしいでしょうか(´・ω・`)!?
はじめまして♪
> りお窒素さま

コメントありがとうございます!
感想読みやすかったでしょうか…(;´∀`)

久々に書いたので、グダグダになってしまったーと不安に思っていたのですが、リオ窒素さんのお言葉で
少し安心しました。

真夜中クロニクルはBLでも読ませるBLだと思うので是非おすすめです!
気が向いたら読んでみて下さいね。

リンクの件も大歓迎です!
こんなブログですが、今後もよろしくお願いします!
ブログ更新頑張ってください。
応援しています。
ラブさんへ
応援のお言葉ありがとうございます!
更新はのろのろしておりますが、今後もよろしくお願いします!









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/467-59c18b74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。