categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category秀香穂里

恋に堕ちた翻訳家/秀 香穂里

trackback0  comment2
ぽぽぽぽーんの魔法に侵されて、早2週間。

いい加減違うCMを頼む。

だんだん新しくはなってるけど、ぽぽぽぽーんだけはなぜか根強く放送され続けていますね。

もう歌丸暗記したし、変わっても大丈夫ですよ(ぇ

テレビも最近は見ずに、またBL小説のサイトめぐりの旅に出ていました。

そこでふと、商業BLが恋しくなり積んでいた本を読んでみた。

めちゃくちゃ良かった( ;∀;)

恋に堕ちた翻訳家 (キャラ文庫)恋に堕ちた翻訳家 (キャラ文庫)
(2011/02/26)
秀 香穂里

商品詳細を見る


秀さんは大ファンの作家さんの一人で、作家買いしていたときもあったんですが、

財布事情により最近は購入していませんでした。

しかし、あらすじと帯の言葉で無性に読みたくなって購入。

秀さんの甘々キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!

秀さんは登場人物たちのお仕事っぷりをかっこよく描きつつも、恋愛モードでは甘く色気たっぷりに書き上げてくださるので、大好きなんです。

なかには、凌辱ものだったり監禁ものだったりと少し外れた路線の作品もありますが、(それはそれで大好きだが)私のツボはお仕事兼甘々なので、今回の作品はドンピシャ。(゚∀゚)キタコレ!!

カップリングは翻訳家(年上)×モデル(年下)です。

受け・永井が行きつけの喫茶店で、攻め・高田を見つけ、高田の持つ雰囲気・存在感に一目ぼれして声をかけるところから物語は始まります。

人見知りしない永井は図々しく人に踏み込んでいくことはしないものの、自分が知りたいことは正直に相手に訊くという素直さと、うそをつかない誠実さで、高田に自分が高田を恋愛対象として見ていることをアピールしていきます。

永井は本当に、観察眼に長けているというか、高田がどこまで自分を踏み込ませてくれるだろうということを常に頭で考えながら話しています。それはもちろん高田に好かれたいという思い一心がそうさせているのですが。

引くところは引くし、どうしても譲れないところは譲れない。
その調整がとても上手でした。
上手だけど駆け引きめいてなくて、ひたむきさがあるのがとても素敵でしたし、かわいかったです(・´з`・)

一方、そんな永井のアピールを受けている高田は。

とても冷静です。そして感情の変化があまりない。
永井とは楽しくおしゃべりもするし、それなりの誘いにも乗ります。

でもいざ、恋愛に関して永井が踏み込んできこうとすると、心を閉ざしてしまったり、永井の気を逸らそうとする。
過去の恋人が忘れられない、今でもその人物が自分の恋人だと早々に永井には打ち明けるんですが、永井は諦めません。いつか、自分の方へ振り向いてくれるかもしれない。その思いで永井は粘ります。

正直、高田は何を考えているかつかみにくいキャラでした。
それは抱えていた過去がとてつもなく重かったからかもしれませんが、過去を永井へ打ち明けた後も、高田が永井のことをどうするつもりなのかは永井もですが読者の私も掴み兼ねました。

そんな折、永井の仕事に転機が訪れて、二人の膠着していた友達以上恋人未満という関係に決着が着きます!!

永井が高田の態度に焦れて、高田の元から黙って宮古島へ旅行へ行くんですが、そっからはもうネ申。

愛の攻撃だらけです。

思い出すだけでも(・∀・)ニヤニヤする。

こんな甘いベッドシーンやラブシーンは久しぶりに読んだかも、っていうくらい!

しかもそれまで高田は冷静キャラだったから、永井に惚れてるって認めた後の高田の態度の豹変ぶりに私は驚きが隠せないです(`ω´)グフフ。半端ないです。甘やかしが( ゚д゚ )クワッ!!

こんなになるまで永井への想いをため込んでたのかーと感心しつつ、素直になるのが遅くなってしまった不器用さが可愛く思えました。

最後なんて永井に甘えてましたからねー!!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

冷静で落ち着きもあるのに、永井の前では甘えたり甘やかしたり。
とにかくラブラブです。

始めと最後のラブのテンションの落差がものすごくて、すっごい楽しめました。

ぜひ、その後の二人を同人誌で書いて頂きたい。

新たなラブラブカップルの誕生でした(^ω^)ペロペロ

甘々好きな方は是非!!!( ゚д゚)ノ









スポンサーサイト
 
秀さんにしてh珍しく(笑)
こんばんはー
この作品は秀さんんいしては珍しく変態なひとがいなくって←偏見(笑)
甘くって楽しく読めましたよね。

初恋の傷を乗り越えた高田があんなに甘えん坊さんになるなんて~(笑)
こういうふうなお仕事ラブな秀さんもよかったです。
Lianhaさん!(∩´∀`)∩ワーイ
こんばんはー

久々に秀さんの作品読んだら、自分好みの大当たりですごいうれしかったです。

確かに、変態な人がいませんね(笑)
みんな仕事に情熱を注いでいるような方たちばかりで、それはそれで読んでいて好感が持てました(´∀`*)ウフフ

高田の甘えたっぷり、それまでのギャップが…クッ……ヤラ( ゚∀゚ )レタ!!!
秀さんに、これからも定期的に甘々路線をお願いしますと言いたいです(笑)

コメントありがとうございました!









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/417-f1f9ca25
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。