categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category鳥谷しず

スリーピング・クール・ビューティ/鳥谷 しず

trackback0  comment0




えっろーい☆!(゚∀゚)


スリーピング・クール・ビューティ (ディアプラス文庫)スリーピング・クール・ビューティ (ディアプラス文庫)
(2010/11/09)
鳥谷 しず

商品詳細を見る


新米弁護士の悠莉(ゆうり)が離婚協議のため面会を申し込んでいるのは、警察官僚の灰音(はいね)。
だが尊大で冷淡な男はなかなか会ってくれず、たまたま遭遇した外出先ではひどい仕打ちをされてしまう。
なのにある夜、雨に打たれて彼を待っていた悠莉は、灰音の部屋に招き入れられた。
そして、うたたねをする灰音の綺麗な顔を見たとき、その唇に引き寄せられ……?


今日で、大学の大仕事は終わりだぜー!!!v(´∀`*v)ピース

もう思い残すことは何もない。教授のヽ(`Д´)ノバーヤ



てなわけで、感想へ行きましょう!!!!


まず一番初めのカラーイラストが真っ赤な陰毛で、私は思わずカバー下に隠してしまいました(笑)

それを見た瞬間、「これは来る。まちがいなくエロが来る!!( ゚д゚)ハッ!」と感じて読んでみるとやっぱりエロかったー!!!!

過去いくつかディアプラス文庫を読んできましたが、一番エロかった気がします。

どS×淫乱なんで、どうしてもエロが濃くなってしまうんでしょうけど、折角警視と弁護士という設定なのだからもうちょっとお仕事場面もあったらより楽しめたかなと思います。

まぁ受けは新米弁護士だからしょーがないかな~

砂原糖子さんが以前あらすじで「ディアプラスのエロ担当」とおっしゃっていましたが、はるか上のエロだったように思います。

砂原さんが情緒的なエロだとすれば、鳥谷さんは直接的なエロって感じ。

受けは初めてなのに、いきなり拘束・放尿・言葉攻め…と攻めの嗜好満載のプレイに呑まれていきます(笑)

しかも受けも満更でもないから面白かったですね(笑)

「なんて僕は淫乱なんだ…!でも、気持ちいい…」

みたいな( ̄ー ̄)ニヤリ

Hは積極的な受けですが、普段は甘い言葉を口にすることが全くできず、「好き」とか「愛している」とかの言葉をまだ攻めに一言も言えずにいます。

そして、どSの攻めは、そういうところは優しく待ってやるよ…という甘い雰囲気なんですよー!!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

その二人の普段とH中のギャップに萌えた作品でしたねー!

鳥谷さんはこちらがデビュー作だそうです!

今後、エロ担当として頭角を現してくるのではないでしょうか…(ΦωΦ)フフフ

気になられた方は是非お手に取ってみて下さい!
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/396-fd570c52
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。