categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category宝塚

2人のジュリエット。

trackback0  comment0
今日は2回目の宝塚雪組公演「ロミオとジュリエット」を観てきました。

先日はジュリエットが舞羽さんでしたが、今日はなんと1期生で主役の座!?で注目されている夢華さんでした。


夢華さんの代はいじめがあったり、宝塚音楽学校が裁判を起こされたりと、いろいろ悪い噂が飛び交っていたのですが、それにもかかわらず抜擢されるということは、相応の理由があるのだろうと。思っていたわけです。

そして!舞台を見て感じたこと。

歌がうまい!!!!!!!!!

今までのジュリエットで、一番上手でした。

とにかく高音でもす~っと伸びがあって、歌ってて余裕があるのです。その上、地声もしっかり出て、裏声に変わる瞬間がわかりにくくて、とっても聞きやすい歌声でした。

演技も若々しくて、かわいらしいジュリエットでした。

実は前回見たときは、泣かなかったんですが、今日は号泣でした。

まぁ今日は他の出演者のみなさん、特に前回歌が不安定だった乳母役の沙央くらまさんと、ティボルト役の緒月遠麻さんもとても歌が上手になっていて、しかも歌に込めている熱量が違ったので、泣いてしまったというのもあると思いますが、それでも舞羽さんより演技は上手だったです…。

なんだろう、上品さがあるかわいさ?あと、涙をこらえてセリフを言っているところとかもすごく気持ちが伝わりました。

舞羽さんもかわいいんですけど、村娘的な可愛さというか…、かなりバタバタしたジュリエットだった印象があります。あとロミオのことを死ぬほど愛しているという気持ちがあんまり伝わらなかったんですよね。

その点、夢華さんは上手に演じられていたかな~。

ビジュアルはねねちゃんがダントツですが、歌、演技は夢華さんの方が好きでした。
ビジュアルはお化粧でいくらでも綺麗にできますしね~。

ねねちゃんのジュリエットも、もの凄くロミオとラブラブで大好きですけど、ちょっとぶりっ子過ぎたきらいがあるので、自然の演技でかわいらしかったという点で夢華さんの評価が↑しました。

嫌な噂はある彼女ですが、やはり能力が高いと、大抜擢でも納得してしまう不思議です。
特に歌劇ですから、歌がめちゃくちゃうまいというのはかなりポイント高いです。

私の後ろに座ってたおばちゃん達も、「舞台でよく通る声持ってるなんて、いやらしいなぁ~」と渋々彼女の良さを認めているような感じでした。

う~ん。さすがに劇団側も、上手に配役を決めますねー。

ただ、悪いイメージを能力で払拭できるか、そこが問題ですね。

私はあまり(・ε・)キニシナイ!!方なんですが、知り合いは「あの子がいる限り雪組は見ない!」とまで豪語してましたからね…

物事の捉え方は、人それぞれですよね。
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/386-1b016cba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。