categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category宝塚

宝塚雪組『ロミオとジュリエット』を観てきて、思った。

trackback0  comment0
今日は、宝塚大劇場雪組公演『ロミオとジュリエット』をみてきました!

不満なことなども言ってますので、不快に感じる可能性がある方は見ないで下さいネ。

梅田芸術劇場で星組が演じたものの、再演が雪組公演です。

新雪組トップスター・音月桂さんの、大劇場では初公演となります。

お話の流れや歌はほぼ同じですが、大劇場公演の方には、宝塚特有のフィナーレがありました!
また、星組公演ではティボルト(凰稀かなめさんが演じられた役)が2番手でしたが、雪組公演では4番手で、
2番手はマーキュシオ(早霧せいなさん)でした!!!

てっきり2番手は未涼亜希さんがなると思っていたら予想が…ゲフンゲフン。

なので、ティボルトの歌やセリフが減っていましたねー。

私はティボルトの、ジュリエットへの叶わぬ恋心に苦しんでいるところが切なくて、歌もとっても好きだったので
ちょっと残念でした。

星組とはまた違ったロミジュリで、演じ手が変わるとこんなにも人物の印象が変わるんだととても感心しました。

星組のロミオはリーダーシップがあって、周囲が反対しても我が道を貫くというかっこよくて爽やかなロミオでした。

雪組のロミオは仲間意識が強く、自分の行く道を仲間たちにもわかってもらいたい、またやんちゃでちょっと暴力的な友人たちのこともとても心配している、心配性で仲間想いなロミオでした。

組のカラーがとても良く出た作品だなーと思いました。どちらが良い悪いではなくて、ほんまに後は好みの問題という感じ。

私個人としては組全体の歌唱力は星の方が高かったかなと思います。
歌に余裕がない感じがありました。

お芝居は上手でしたけどねー!雪組!!

中でも、「死」を演じられた、彩風さんという方がとても青年らしい踊り方をなさっていて、めっちゃファンになりました。

もうとにかく踊りがうまいの!!するする動くの。
すごいしなやかで、足音がしないような踊りなんです。
しかも上背があるからかっこいいー!!!!(*´Д`)

はい、私的感想でした(笑)

さて。

この雪組、実はまだ音月さんの相手役となる娘役トップが確定していなくて、ファンの間ではどうなってんの!?と不満・不安の声が上がっていたりします。

本公演では、ジュリエット役が2名おり、役替わりで行われるんですが、

なんとフィナーレダンスで、トップスター同士のデュエットダンスがなかったのです!!!ヽ(`Д´)ノ

宝塚でデュエットダンスがないなんて!!!
有り得ませんよ!?

しかも最後大階段を下りてくるところまで、ジュリエットは一度もフィナーレに出てきません。

ロミオである音月さんが一人と組子たちで歌って踊ってしているだけ。

演目が「ロミオとジュリエット」なのだから、死して二人が幸せになったところをフィナーレでも感じさせてほしかったのに、全く絡みなし!!

いくら娘役トップを正式に発表していないからと言って、舞台上にまでそのことにこだわる必要がそこまであるんでしょうか?

大劇場初演で相手役が決まってないうえに、デュエットダンスも踊らせてもらえない音月さんがかわいそうになってしまいました。

娘役トップとして扱っている方がいるのだから、役替わりでもダンスぐらいしたっていいじゃない!!
なんで!?

トップスターと娘役トップが二人でダンスを披露するのは、宝塚の恒例なのに、
それが見られなくて本当に残念でした。

正直、一期生の子が本公演でいきなりトップに抜擢されるというのも異例過ぎて、不安になっていたけれど
もしかしたら彼女にそれほどまでの実力があって、彼女を本命としているのかとか、
もう一人のジュリエット・舞羽さんを年功序列で本命としているのかということが今回の舞台での彼女たちの扱いから掴めるかなと思っていましたが、今日の舞台の感じから娘役トップを決めかねていることがなんとなく伝わりました。

一人でトップスターがフィナーレを締めくくるというのは、やはりさみしいです。
娘役と男役が絡んでこそロマンチックなんです!!

劇団側に、早く娘役トップを決めてくれ!と切に思いました。
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/383-935f401a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。