categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category木下けい子

由利先生は今日も上機嫌/木下けい子

trackback0  comment0
昨日の夜中、腹痛に襲われ、散々な目にあいました。

寒かったせいでしょうか・・。布団をかぶっているのに外にいるかのごとくからだが冷え切ってて、
今朝は昼過ぎまで布団の中におりました・・だめだなぁあたし

休日は自分が満足するまで寝る主義です。じゃないと損している気がしてね・・。

あたしの周りは行動派が圧倒的に多いんですが、皆さんはどうでしょう?

今日の感想である由利先生もあたしと同じ部類じゃないかと疑っています。
六車くんは行動派だろーなー。
眠い先生を六車君が振り回す、みたいな・・
あーでも先生大好きやから見守ってそうやな・・

妄想は膨らむばかりです。
感想です。 
由利先生は今日も上機嫌 (ミリオンコミックス 84 Hertz Series 39)由利先生は今日も上機嫌 (ミリオンコミックス 84 Hertz Series 39)
(2008/05/01)
木下 けい子

商品詳細を見る


あらすじ

創幻堂出版に勤める編集者・六車君の担当は我が儘で気紛れで、だけど才能溢れるミステリ作家の由利京一郎だ。真夏に焼き芋を、真冬に西瓜を所望されても、たとえいきなり刀を突きつけられても、尊敬する由利先生の作品のためならと今日も今日とて奮闘する六車君だったが、戀にはとんと奥手で……純情可憐な六車君と気難し屋の由利先生の波乱万丈な日々の物語。


いやぁはじめて木下先生の漫画を読んだんですけど、めっちゃオモロ~!でした。

時代設定は終戦直後ぐらいです。昭和生まれは情けねぇとかいうセリフがありますから・・w
今昭和生まれがほとんどですけどとか思いながら読みました笑

由利先生が渋くて素敵☆でした。でも六車君が負けず劣らずかわいくて好き・・・笑
端から見れば、完璧に両思いやのに、攻めも受けも気づいてないというすばらしいニブニブカップルでした。鈍いからこそ萌え要素が映えていたような気がします。

テイスト的には、ほのぼの8割コメディ2割ぐらい。
由利先生が六車君をいじって楽しんでいるのと同様、私も六車君の泣き顔にキュンキュンしながら読ませていただきました。(変態)
なんか、こう吹き出しの隣にちっちゃく作者さんの字で書いてあるセリフがめっちゃかわいくて!!
由利先生なら、「犬の仔のようだ・・」とか「六車君なら「先せぇ」とかとにかく面白かったですねー。
 
由利先生が無意識にやきもちやいてたり、六車君を求めていたりするのが、かっこいいだけじゃなく、かわいらしくて、また悶絶w
六車君のお見合い相手を大福呼ばわりにはウケました笑
編集がお見合いするのに担当作家の許可がいる!なんて話を通そうとする先生がかわいくて好きです。
んで、六車君も先生の言うことはなんでもきいちゃうからかわいいんだよね。
あたしよりよっぽど乙女だわ、彼。

そんな二人がどうやってくっつくんかなと思ったら、また先生の病気というグッドなシチュで!!!!
なんてすばらしい展開なの・・
そんときの六車君は健気すぎて、つい手をだしちゃった先生は正しいよ。と思わずに入れず。
そんな二人のHシーンはなんか色っぽかったです。
先生何気に言葉攻めやったし!戸惑ってる六車君激カワやった・・b

最後に先生の飼ってる猫視点のお話も楽しかったです!!
ほのぼのBLじゃいまんとこ一番好きかもです☆

先生の渋い台詞の言葉攻めを是非ご堪能ください。
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/35-327ba944
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。