categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category直野儚羅

闇に遠吠え、胸に棘

trackback0  comment0
今日は朝から寝坊して、バイトぎりぎりでした。

案の定店長に軽くしかられ、かなりテンション下がりながらも、自分が悪いからしゃあない。
でも腹立つ。というジレンマに陥りました(ぇ

昨日22時までバイトして今日9時なんて眠いんじゃとおもいつつ、会社勤めの方はもっと厳しいんだと反省。

そんなこんなで今日の感想は、直野先生の新装版です!二冊とも買いましたが、こっちから書こうと思います。

そういえば、今月何買うか自分でも整理してないな・・・
今回は二冊とも、転生ものでした。
物語は全然違いますが。

一万年と二千年前からあ・い・し・て・る~♪

の歌がぴったりのお話でした。
闇に遠吠え、胸に棘闇に遠吠え、胸に棘
(2006/03/10)
直野 儚羅

商品詳細を見る

☆あらすじ☆

「俺が御主を守ってやる!」魔物を呼び寄せてしまう体質の高校生・大神祝詞の前に現れた“天狗の狛(こま)”。前世で交わした“誓約の証”で二人は惹かれあうが、狛の兄弟や美しき宿敵が立ちはだかって…!?
 宿命で結ばれた高校生と獣オヤジ♪の永遠の愛の営み★新装版!!


上の表紙はビブロスさんのときのやつですね。新装版の表紙はコレ↓
393-4.jpg

直野さんて、ファンタジーが多いですが、お話がしっかりしていて楽しめるから好きなんです。
妖怪ものBLは初めてでしたが、とっても面白かったです。

まず、主人公の胸に痣があって、それが契約の証となっているという設定がナイス☆
その設定を上手に使えていました。この痣があるから、祝詞はいろんな妖怪に襲われるし、それによる狛の出番も全然不自然じゃありません。第一話では、祝詞はいきなりの狛の出現にとまどって、ひどい言葉を言ってしまったりするのですが、そこがまたよかったんじゃないかなと思います。
だってもしあたしが祝詞やったら、真っ先に自分の頭を疑うもの(何
それをいきなりすんなり受け入れてたらオイってなるけどw生まれ変わった御主と狛の絆が再びできるまで、ていねいに描かれていて満足でした。
最後はお決まりで精気を吸って元気になるというモノでしたが、そうじゃないと逆に萌えないよね

鬼太郎みたいに、毎回違う妖怪がでてきてそれを撃退する!って話なんかなって思ったら、狛の兄弟がでてきて、神様VS魔竜が物語の本筋でした。
兄弟は四人でてくるんですが、それぞれかわいかったわ・・w
狛はどう見たって受けやけど、九男の牡丹も絶対受けやと思う!
赤酸漿(次男)は攻めかなー。私は最後の最後に登場するラカム(長男)がお気に入りですw

狛たち兄弟と神の因縁の対決か!と思えば、平和に落ち着いてめでたしでした。
激しいバトルシーンはありませんが、平和に終わるまでいろいろあって、納得のいく最後でした。

あとこの漫画でたのしめたのは、狛たちが本来の姿に戻るときの迫力ですね!
狛やったら天狗?(キツネっぽかったけど・・・w)、赤酸漿やったら毒蛇、牡丹やったら赤獅子というふうに敵と戦うときに元の姿に戻るんですけど、それがゾクゾクして良かったー。
これはBLではなかなか味わえないものだと思います。

これから読む人は表紙をとってみてくださいね。長男ラカムのミニ漫画が読めますよ♪
あたしはこれ読んで、是非今度はラカムのカップルのお話を読みたいと思いましたw
神さまと裏切りの竜のカプも、どうゆう風にそんな関係になったか読みたいです。
本編ではそこまで触れられていなかったので。
続編でないかなー・・・

よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 漫画ブログ BL漫画へ
b_04.gif
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/33-15699a8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。