categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category日記

驚異の小学生。

trackback0  comment0
今日大学から家へ帰って来る道中、小学1年生の少女たちをチャリで横切ったんですが、
ちょうど彼女たちの横に来た時に、その内の一人が友達に向かって

「好きにしなはれ!」

と、怒鳴ったのである。

思わず、振り返ってしまいました。

いくら口が悪い私でも、大阪弁のでんがなまんがな調はあまり使いません(笑)
おそらく彼女もネタで言ったんでしょうけど、ネタとして出てくることが凄い。

こりゃあ将来が楽しみだぜ笑

でんまなまんがなは使わへんけど、「好きにしなはれ」は正直私もときどき使います。
使い勝手良いのでみなさんも是非(何

内心イラっと来てるけど、そう相手に思わせずに心をスカッとさせることができます。

例えば、友達と買い物に行ってるとします。そのときに友達が「これとこれ、どっちがいい?」と聞いてきました。
私が「こっちかなー」と片方を支持すると「えー、でもこっちはこうであーで・・・」と結局本人はどっちにするか決めてた、というシチュエーションになったときに

「(決めてるんやったらきくなよ・・・という気持ちを込めて)
好きにしなはれ!(*´∀`*)」


と言うと、言ったこっちもちょっと内心を表せてスキッとしますし、言われた方も不快感を感じることなく笑ってくれることが多いので、そのままそうやんな~と納得してくれます。
かなりおすすめ関西弁ワードです。

ただキレながら言うたらいけませんよ?(笑)
笑いながらおどけながら、言うのがグッドです。

しかし小1にして、この技を体得してるとは。
親御さんが使ってるんでしょうか。

イントネーションは「好き↑に↓しな↑はれ↓」です。
え?そこまで言われんでもわかる?

失礼しました(笑)

方言のちょっと便利なお話でした。
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/311-9f89fbaa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。