categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category愁堂れな

法医学者と刑事の相性/愁堂 れな

trackback0  comment0
OSをWinsows7にしました。

というか、父とパソコンをトレードして新しいパソコンをgetしました!((´^ω^))ゥ,、ゥ,、

自作パソコンだったので、愛着があったのですが結局新製品の魅力には勝てず・・・・(笑)

別に捨てるわけちゃうし、父が使ってくれるんだからと、喜んで父を利用させてもらいました。


そこで、大問題が発生しました。

いらないプログラムやファイルは消去して父に渡したんですが、今の今まで失念していたことがあります。

マイピクチャーフォルダのデータ、消すの忘れた。

あそこにはこのブログで使用した画像がわんさか入っているのです…ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァァァ~

あぁ。どうしよう。今更それを父に言うわけにもいかないし!!

どうしたらいいんでしょう!?まじ凹む…

仕事場で使うと言っていたんですけど、マイピクチャーって結構使う頻度高いと思うんですよね。

今度その仕事場に行くので、さっと消去するしかないか…


これ、実は今日の晩御飯中に気づいたんですよねァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

もう一気にテンション下がってしまった。

でも、BLの感想は書く。

てなわけで、初愁堂れなさんの作品となりました「法医学者と刑事の相性」の感想です。
あ、ネタバレ含みます!
法医学者と刑事の相性 (キャラ文庫 し 3-18)法医学者と刑事の相性 (キャラ文庫 し 3-18)
(2010/01/23)
愁堂 れな

商品詳細を見る


「今こそお前の罪を償うときだ」──法医学者・冬城(ふゆき)の元へ届いた一通の告発状。その捜査に訪れたのは、よれたスーツに無精髭の刑事、江夏(えなつ)。自分の腕に絶対の自信を持つ冬城は、「俺がミスするはずがない」と怜悧な美貌で一蹴。非協力的で高飛車な態度に、呆れる江夏と一触即発状態に! そんな時、不審な自殺体が発見されて…!? 相性最悪な法医学者と刑事が、遺体に秘められた謎を追う!! 


いやぁ高階さんの絵は美しい・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

決して表紙買いしたつもりじゃないんですが、「内容残念でも、挿絵綺麗やったらええわ~」状態になったことは否定できません。
いや!実際は私の大好きな法医学に関するBLだったから絶対買おうとは思ってたんですけどね!
初めての作家さんだったこともあり、正直そこまで期待はしていなかったのですが結構面白かったです。


まず、読み始めてすぐに冬城が登場して、外見描写があるんですけどそこでかなり度肝抜かれました。

「よくハーフかクオーターに間違えられる、抜けるように白い肌をしている。色素は全般的に薄く、髪も瞳も薄茶色だった。
  常に潤んだような瞳と評判の茶色の瞳は大きく、長いまつげに縁取られている。年齢は32歳なのだが、一見20代というみずみずしい肌の持ち主であり
云々…(略)」(本文より抜粋)

ここを読んだときポッカーンとしてしまいました。ここまで容姿整ってる設定最近ないじゃないですか。
昔のネットBL小説を思い出しました(笑)

正直こんな外見してたら、絶対血縁者に外国の血は確実に入ってますよねという冷静な突っ込みを入れたくなってしまいました。
ほいで30代にも関わらず20代並の肌って・・・・しかも男性でそれって相当手入れせな無理やってとか(笑)

こんなコテコテ美形の冬城なんですが、性格は直情型の短気で話口調もバリバリ男くさいしゃべりなんですよね。
その設定が逆に良かったです。相手の江夏の性格とよくマッチしてました。

一方攻め・江夏。
もう彼が最高でした!!

人情刑事っていうか、刑事としての迫力は持っているものの、冬城の前では気さくで心配症で、とにかく
心温まる人柄なんですよ!冬城のお墨付きです。

冬城があっさりゲイだと明かしても、ゲイであることよりも彼氏と揉めてる冬城のことばっか気にかけてるとこがまたよくって!!
しかも全く、ほんまに全く下心一切ないんがめちゃくちゃ清々しいんですよね。

最初はちょっと犬猿の仲やったんですが、とち狂った冬城の彼氏のおかげで仲直りもんじゃ会が開かれて、二人は
気の合う友人ぐらいの仲になるのです。

江夏も冬城もかなり強気な男なんで、台詞の掛け合いがめちゃくちゃ激しいんですよ。
それもかなりこの小説の楽しみポイントだと思います。飲んでるときだけ口調が二人とも砕けるのが
また良いよねぇ(´∀`*)


そして!この小説の特徴でもある!!!
冬城、誘い受けキタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!
しかも2回も(笑)

この誘い受けっぷりがなんてか納得で!
ここまで強気やったら絶対誘い受け合う!

逆にあっさり押し倒されてる冬城が想像できません(笑)
人の良い江夏をあらゆる手管で押し倒してこっそりほくそ笑んでる冬城が想像できます(どんなん

しかし残念だったのが、2回とも冬城酔ってた挙句の行動だったこと。
つか酔って男襲うってどんな酒癖やねん!?と思ったんですけど、…相手が江夏だったからだと信じたい。

江夏のほうは1回目は喰われちゃったんですが、2回目は自分から喰いに行きました(笑)
襲う気はなかったものの、襲ってくれないかな~みたいな(笑)
やっぱりここでも人の良さが出てるんだよ、可愛いなぁ(ノ∀`)タハー

結局、二人は肉体関係はあるもののお付き合いに至らなかったの。でもどう考えても両想いだけどね!
冬城が照れて江夏のまっすぐな告白に耐えれなかった模様。
でも、大丈夫!これシリーズ化するんですって!!

この先江夏が冬城を転がすシーンなんかも出てくるんだろうか…いや、出てきてほしい。
冬城が江夏にベタ惚れの描写とか(今でも十分わかりやすいけど)

愁堂さんてシリーズ化したら結構長いという印象があるんですが、この二人なら全然付いて行きます。
あ、小説の軸となる事件も哀しい事件でした…
モノローグとエピローグがかなり切なかった。

事件は暗いけど、二人は明るいくて楽しくて萌えれる。
ページ数がちょっと少ないけど、なかなか良い買い物したと思いました。

興味を持った方、シリーズが長くなる前にゲットだぜ!(古)゚.+:。(・ω・)b゚.+:。



スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/269-1d540b94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。