categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category中村明日美子

卒業生/中村 明日美子

trackback0  comment0
最近、寝すぎてて下半身がダルイです。

お久しぶりです。麻琴です。

こうやって名乗りながら記事を書き始めるのも久しぶりな気がします。

まぁ、て言っても3日ぶりぐらいなんですけどね。

今週末はいっぱいBL作品を読みました。

漫画だけで5冊以上、です。

逆に読み過ぎると記事にするのがめんどくさくなってしまうのはどうしてなんでしょうね?

読後に感じた思いが新たな作品を読むことで上書きされてしまうからでしょうか。

そんな上書きにも負けずに記事を書きたいと思ったのはやっぱり、名作でした。
卒業生-冬- (EDGE COMIX)卒業生-冬- (EDGE COMIX)
(2010/01/28)
中村 明日美子

商品詳細を見る
卒業生-春- (EDGE COMIX)卒業生-春- (EDGE COMIX)
(2010/01/28)
中村 明日美子

商品詳細を見る


中村さんの「ダブルミンツ」を読んで、少し衝撃を受けたものの、やはりこの「同級生」シリーズは素晴らしいと思います。

なんというか、一見派手キャラな草壁が優等生でお堅い佐条を大事に大事にしている様がとても良いと思うのです。

欲情してしまっても頑張って抑えたり、佐条が過ごしやすいように空気を作っていく彼が、とてもすごいなと思いました。

人よりも真面目で頑張りすぎるきらいがある佐条にとって、草壁は良い息抜きであり、甘えられる存在で、
お互い高3という一番多感になり忙しい時期に、しっかり支えあえている描写が大変心温まりました。

羨ましいほどです(笑)

こんな高校生活を過ごせたら、卒業式には大泣きしただろうなと、それほど純粋で綺麗な二人の物語でした。

また佐条が草壁にだけはガードが緩くなるっていうんがまた良いんですよねぇ!

親が倒れようと、家事をこなしつつも変わらず予備校に通う。
そんな真面目すぎる佐条君が、草壁には自分からキスしたり、されたりと!積極的に!
そのギャップがちょっとエロくてGoodでした。草壁は特別なんだ、という雰囲気がプンプンしていてにやけてしまいました。

そして、このシリーズには欠かせないあの人。原先生。

もうこんなほんわか涙ほろっ作品であんな爆笑するとは思いませんでした。

あの原センの「ちゃいますねん!!!」には大笑いでした。

しかも面白すぎてあのくだりばっかり3,4回も読んじゃいました( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

そら、ちゃうよな。佐条が大好き過ぎて手も出されへんのに、まさか恋敵の草壁と関係を誤解されたらそら
ちゃいますねん!と叫びたくなるよな(笑)

あぁー面白かった。今思い出すだけでもおかしいです(笑)

そういう笑い要素(白目の谷くんとかw)も今回はあってシンミリなりすぎずでそこも良かったです。

なんかさっきから良かったしか言ってませんが、これは本当に一生とっておきたい作品です。

恋人同士になってもすぐ関係が進んでしまう昨今、佐条と草壁のようなお互いを守りあっているような暖かい関係は心洗われる思いです。

最後の、卒業式のシーン。

草壁がまだこれからどう生きていこうか悩んで佐条に付いて京都に行こうとするのを、きっぱりダメだと言い切った佐条には感動しました。

馴れ合いたいんじゃなく、自分のやりたいことをして輝いている、そんな愛しい人の姿が好きだと泣きながら言った佐条がもう・・・もう!ねぇ?!

泣かせるぜ。この野郎。

泣かせた後のあの感動的なシーンで初Hに突入という。なんとロマンチックなんだ草壁。

卒業式の間に初H。一見不謹慎かもしれませんが、2人が自分のすべきことをやりきってようやく結ばれた、
佐条もようやく身体を許せるまで心に余裕が出来たといいましょうか。

ただのHではないような気にさせる。これから遠距離恋愛をしていく上で、ここで身体を繋げておくことに大きな意味がある、そんな気が致しました。

これで無事高校を卒業してお互い別々の人生を歩んで行くことになりました。
遠距離だし、草壁は特にミュージシャン志望ということで決して楽な道ではないでしょうが、高校生だった頃を
思いだして、この頃のように2人で試練を乗り越えて行って欲しいです。

本当に、切に願います。

あぁ・・・2010年早々こんなに良い作品に触れてしまうと、あとの作品に影響が出そうで恐いですね(笑)

正直今週読んだものは当たりがあまりなかったので、残念です。

この勢いで良作がバンバン出ることを祈ろう!うん!

<余談>
みなさん、もちろん小冊子応募しますよねー!?

あと感想が綺麗にまとまりすぎて、なかなか話題にしにくかったのでここでちょっとおしゃべりを笑

私はこの佐条&草壁はもちろん大好きですが、同じくらい原先生に愛着を持っていました。

佐条を好きでありながらも2人の関係を見守ってくれていたそんな大人な原先生に、良いお相手が見つかって欲しい。
欲しくて欲しくてしょうがない!

原セン高校時代の、ちょっと切ない恋物語を読んでますます彼は愛されるべきだろう!と思わずに居られませんでした。

原センは面倒見が凄くいいから、絶対年下がいいと思うの。

でも教え子だとまた切ない展開になっちゃいそうだから、新米の先生とかいいと思うの!

てなわけで、原センへの愛をぼやかせていただきました(笑)

でもあとがき読んだ限り、明日美子先生はもうこのシリーズ関連は書く気がなさそうなんで諦めます・・・トホホ(;_:)
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/263-153827e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。