categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category椹野道流

楢崎先生とまんじ君/椹野 道流

trackback0  comment0


まんじよ。

楢崎先生のつま先立ちにヤラれたのは君だけではない。


楢崎先生とまんじ君 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 ふ 3-14)楢崎先生とまんじ君 (二見シャレード文庫) (二見シャレード文庫 ふ 3-14)
(2009/06/23)
椹野 道流

商品詳細を見る


楢崎先生とまんじ君
椹野道流(著)/草間さかえ(画)/

……早まったか、俺……
K医大病院のクール・ビューティから亭主関白受けへ華麗な変身を遂げた内科医・楢崎先生と、ヘタレわんこ攻め「まんじ」こと万次郎の愛の軌跡!
『茨木さんと京橋君』シリーズ番外編。

低血糖で病院に担ぎ込まれた間坂万次郎が出会ったのは、理想のパーツをすべて備えた内科医・楢崎千里だった。パーフェクトな外見と、ポーカーフェイスかと思いきや意外と表情豊かで優しく、おまけに猫舌という可愛い弱点を持つ楢崎。知れば知るほど好きになっていく万次郎は、やっとの思いで彼と結ばれるのだが…。その後一度も会えないまま楢崎はアメリカへ留学してしまい――!? 
亭主関白受けとドMワンコ攻めの、究極のご奉仕愛!



今月、一番楽しみにしていた作品と言っても過言ではなかったこの作品。

「茨木さんと京橋君」のスピンオフです。

「イバキョー」の方では、完全夫夫なお二人ですが、イバキョー②巻では、まんじが寂しげに
「楢崎先生はそんなに俺のこと好きじゃないから。」と言っていたことから、二人の関係は今どういう状態なのかめっさ気になっておりました。

そしてついに、楢崎先生とまんじの過去が明らかに!!

私が思っていた以上に、まんじはしっかりしていて、心の強い誠実な人でした。
そして同じく、楢崎先生も思っていた以上に、優しくて面倒見の良い人でした。

私は「メス花」の方は読んでいないので、「メス花」での 楢崎先生はどのように描かれているのだろうと、今「メス花」を読むかどうか揺れ動いております(笑)

なんで突然「メス花」が出てきたかって?
それは、なんと「メス花」のメイン、永福と江南がバリバリ登場するからであります!!!

今回のお話、内容もとっても良かったのですけれど、なんといっても話の持って行き方がとても上手でありました。

本当に、目の前でまんじ君と、楢崎先生が昔話をしてくれているみたいで、無理なく、現代から過去へとお話が移っていったのがすごーい!!と感心してしまいました。

まんじ君は「イバキョー」カプから楢崎先生との出会いを、楢崎先生は「メス花」カプから、出会ってから1年ほったらかしにしていて、それからどうやって同棲に至ることになったのか、聞き出されております(笑)

まず、まんじ君のお話の方ですが、楢崎先生のチャームポイントが続々とっ(笑)
猫舌でしょ、つま先立ちでしょ、照れ屋でしょ、とクールビューティの隠されたかわいさがまんじのワンコパワーによって引き出されております。
ほんまに、つま先立ちは可愛すぎた。しかも真顔でやってるんですよ?!まんじの後ろからつま先立ちで覗き見って・・・・!!!!かわえぇし━━│〇´3`|人|´ε`●|━━っ!!

そして、ラーメンが覚めるまでちんまり待っている楢崎。
かわえぇし━━│〇´3`|人|´ε`●|━━っ!!

てな具合で、茨木さんにツンケンしていた楢崎先生の想像以上のかわいさにノックアウトされた麻琴なのでした(笑)

まんじが今まで張り詰めた状態で生活してきたことに気づいて、ちゃんと泣けと言ってくれた楢崎先生に感動し、まんじに甘えられてついつい甘やかしてしまう楢崎先生にニヤニヤし、先生意外と押しに弱いんやなー、このままええ感じになってもおかしくないなと思った瞬間、まんじと一夜を共にした後の楢崎の「一度寝たくらいで、責任感じることはない」宣言。

うなぎ登りだった楢崎良い人ゲージがダダ下がった瞬間であります(笑)
まんじもテンションダダ下がってましたが、麻琴も同じくダダ下がりでした。

ちくしょう。腐っても遊びにんかっ!(ぇ

そして、次からは楢崎先生視点へ。

ここまで、かなりまんじ寄りの思考だったのですが、楢崎先生からの経緯を聞くと、確かに、遊び人やった人が一回寝ただけで、恋人面されたら、そらめんどいか。しかもその後1年間もほったらかしにしてたのに、アメリカから帰国したときに家におったらそら引くわな・・・(笑)

と、一瞬で楢崎思考も納得してしまいました。
愛嬌のあるまんじやから許されることやけど、実際考えたら楢崎先生が言っていることは、冷たく感じるかもしれへんけど、正しい!まんじがそのことをちゃんとわかっていたのが良かったですね。
楢崎先生もその点で好感もったみたいだし(笑)

今作品は、どのキャラともシンクロできたことがとても良かったです!
結局二人の関係は本人たちは恋人じゃないと思っているみたいやけど、端から見ればただのバカップルでしかないということが良くわかりました笑

楢崎も「あいつはただの居候だ!」と繰り返し作品中言っているんですが、最後の独白のシーンで
万次郎がしてくれることが、今では全て当たり前になってしまった。
というようなところがあるのです。

朝起こしてくれるのも、弁当を作ってくれるのも、一緒に眠りにつくのもすべてが楢崎にとって心地よいものになっている、ということは・・・・・

てことで、当人たちからの口からは愛だの恋だのの類は聞けなかったけれど、二人の絆といいますか深い愛情というものを感じれたように思います。

今度は、楢崎先生がもっとまんじにたいしてときめいたり、ムラムラしたりというお話が読みたいなーと言うのはわがままでしょうか(笑)

だって、今回は馴れ初め+αって感じやったからもっと二人の私生活覗きたい!!という欲望が未だくすぶり続けております(笑)

ちなみに、ペーパー付きを購入したんですが、ペーパーでは楢崎先生がまんじにいい様に扱われているといいますか、まぁ端から見たらやっぱりただのじゃれあいにしか見えないというそんなお話でした(笑)

なんだかんだ、まんじの方が、楢崎先生より強いと私は思います。
楢崎先生はわがまま言うけど、甘えられたり色恋関係の方へ話を持って行かれると大概折れちゃうのよね(笑)

面白かったですー♪
スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/185-6167a108
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。