categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category語シスコ

世界の中心で愛なんか叫べねーよ/語 シスコ

trackback0  comment0
語さんの新刊を買い忘れて、大手本屋に行ったらどこもなく。(あったのかもしれないが見つけれず)

前の「窮鼠事件」を思いだし、家の近所の本屋に行ったらやっぱりあった(笑)

これから漫画はこの本屋でいいんじゃないかと思いもしたのですが、家が近所なだけに知り合いに遭遇する率の高さを考えて、やっぱり繁華街の大手本屋に行けるときはそっちで買おうと改めて思ったのでした。

語さんは「超天国」以来でした。

帯に「中村明日美子先生大絶賛!!!!!」って書いてあって、明日美子さんってこういうBL読むんだなーって思いました。
最近、○○先生推薦!とか絶賛!とか多いですね。新手の誘いワードですね。

では感想です。
世界の中心で愛なんか叫べねーよ (EDGE COMIX)世界の中心で愛なんか叫べねーよ (EDGE COMIX)
(2009/05/15)
語 シスコ

商品詳細を見る


―オレの世界の中心はオマエだ、これ以上思い知らせんなよ―

漫画家の菊池春人(27歳)はバリバリニートのイカレ野郎・イチローとの同棲二年目、将来の見えない二人の関係に不安を感じていたが、ある日・・・。

稀代の名作『ラブ&カタストロフィー』から10年の時を超えシリーズ再登場!今ここに甦る語シスコのバイオレンス・ラブ・ワールド!大人気エッセイ『ぼんくら日記エボリューション』(ゲスト:中村明日美子)も同時収録!!



語さんのお話は、話の内容はとんでもなくシリアスだったりダークだったりするんですけれど、絶対笑える要素が入っているところがとても好きです。
ずっと緊張しているわけじゃなく一息つける間があるというか。

あとコマの中にぎっしりかかれた小細工が好きです。作品への愛を感じる(笑)

今回の作品はニート×漫画家。

しかも10年前に描かれた作品のシリーズのようで!私は当時の作品を知らんので、二人がどういう風に知り合って別れて、んでまた同棲するにまで至ったのか大変気になるところです。

今回の攻め君・イチロー、髭あるじゃないっすか。
私語さんの髭キャラめっちゃ好きなんですよー
めっちゃ色気あってかっこいいですよね!つるんとしたかわいい少年よりもワイルドセクシー青年の方が断然好みです(誰も聞いてない)

そんなイチローですが、左手指2本もないってどういうこと?!(笑)
ぜったい昔ヤーさんですやん。しかも指詰めるようなことしたってことね。あ、もしかして組抜けるため?妄想は膨らみます(笑)

春人はイチローの私生活をあまり知らないから不安を感じるんですが、私が思うに「知らぬが仏」だと思います笑 結構いろいろやらかしちゃってる感が漂っております(笑)

イチローはいろいろ春人以外に関係を持っている人がいそうですが、本気といいますか、真剣に思っているのは春人だけ。春人も勝手に人の貯金崩したりする最低浮気性野郎でも離れられない相手と認識している以上、二人はラブラブなんではないでしょうか。

お互い遊んでるみたいだけどね、特にイチロー!(笑)
もうちょっと落ち着いてる方があたしは好きかな(きいてない)

この二人がメインで、あと二人の周囲の人々のお話が2話と読みきりは1話入ってます。
あとあらすじにもある通りエッセイと。

春人とイチローのお話はなかなか良かったんですけど、あとのお話が何故か刺さらなかった
なんでだろう・・・・理由は謎です。切ない話で別に悪い点もなかったんですけどね・・・なんでやろ~
どっちのお話も、即物的な感じだったからかもしれない。きっかけがノリだったり、恋愛というよりも傷の舐めあいという雰囲気の作品だったり。愛情はあるけど、諦観があるというか・・・。でも現実を考えれば、そっちの方がよくある話なんだろうとは思うんですけどね。
最終的に愛を感じれる作品が好きなので刺さらなかったと思われます。
一応どのお話もハッピーエンドだったけど(ぇ なんか軽かったんだもん。

てか「超天国」が好きすぎるだけかも(笑)

そうそう!超天国の颯也と治が書き下ろしのオマケ漫画にゲスト出演してるんですよ~!!
かなりそれがうれしかったです!!

萌え度だと『超天国>>>>>>世界の中心で愛なんか叫べねーよ』ってなってしまいました。
でも実力のある作家さんだと思います。なにより読んでて面白いし!
語さんを読んだことがない方は是非一度やんでみてほしーなーと思います。
好みが偏りそうな作家さんですが笑 阿仁谷さん系?(失礼
あ、汁気は多いですよ。鹿乃しうこさんぐらい。

エッセイもかなり面白い内容で、一番ウケたのが明日美子さんが描いたエッセイと語さんが書いたエッセイの違いです。二人とも同じ日の出来事を書いてるはずなのに、捕らえ方がちがうくっておもしろいですよー(笑)
人柄がわかります(笑)語さんは明日美子さんを薔薇のキャラを擬人化して書いてたんですが、明日美子さんの絵柄的に薔薇ってめっちゃしっくりするのでかなり笑えました

そんなに萌え要素はなかったけど、色々楽しめる作品でした!

スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/168-639767b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。