categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category京山あつき

KISS ME テニスボーイ/京山あつき

trackback0  comment0
数学のテスト終わった・・・・・っ!
結果はもうため息しかでない感じでしたが、とりあえず終わったことが嬉しいので、自分に御褒美です(単純

でもテストは今日からなんですけどね(爆)

ってなわけでテスト中にさらっと読めそうなBLを購入しようと本屋へ。

新刊もあまり惹かれなかったので、平積みされてあったこれに決定しました(笑)

さらっとどころか・・・!!めっちゃ面白かったんですけどっ(笑)

以下感想です。
キスミーテニスボーイ (キャラコミックス)キスミーテニスボーイ (キャラコミックス)
(2007/09/25)
京山 あつき

商品詳細を見る



テニス留学中の寺門要にケンカを売ってきた金髪の美少年ダニエル。数年後―再会した彼は全米ジュニアチャンピオンになっていた。
「仲直りしよう」と余裕の笑みで手を差し出すダニエルに、要はいきなり公衆の面前でキス?!
その瞬間から、男のプライドと貞操をかけたふたりの動機不純な戦いがはじまった・・・!!




あらすじからわかると思いますが、この寺門要という人はかなりぶっ飛んでます(笑)

12歳の頃にダニエルからケンカを売られたときに、首筋をラケットでつつーってされるんですが(わかりにくくてすんません)それを高校になって後輩に同じことしてるんですよ?!(笑)
しかも後輩感じてるし笑 この時点で吹きました。読み始めて2ページで吹くとは・・・・・恐ろしい子(笑)

そしてダニエルと再会して、その美しさに惚れていきなりキスをぶちかますという!!昨今の日本人には見られない積極性。てかただの変人ですね(笑)

要のとんでもぶりはよくわかると思いますが、負けず劣らずダニエルも変な人やったーーー!!(笑)だっていきなり知らん人にキスされたら普通「何こいつ?!気持ち悪っ」ぐらい思うじゃない。それなのにダニエルは逃げていく要を見て、「すごいフットワークだ」。

そこかよっ!(笑)

見るべきとこはそこなの?!他に思うところはないの?!とツッコミどころ満載なダニエルでした。

まだ3ページ分の話しかしてないのにこの興奮よう・・・落ち着けあたし(笑)

まぁこんな感じで要は所構わずダニエルにチューしてくるわけですよ。なんてったってホテルの窓から浸入してきましたからね奴は!普通なら警察呼ぶやろってところなのにそこがまたダニエル、キスされてポーってなっちゃってるんですよね。アハ。しかも普通にアプローチしてこいよっ!って怒ってました。それは激しく同意(笑)

絵柄のせいなのか二人ともかわいらしくて、というより微笑ましくて、なんだこいつらー!!ってぶったまげるけど嫌悪感も抱くことなく、いやそれどころかかなり楽しんで読み進めることができました(笑)かなりツッコミながら読んでたと思う・・・(ぇ

そんな二人でもテニスプレイヤーやから、対戦するわけですがその勝負の勝ち負けで恋の駆け引きをしていくというなんともおちゃめな要とダニエル。「勝ったら○○させてくれ・・・!」ってね。
遠まわしに言うよりこの二人はこれぐらい直で言う方が合ってる気がするからまた面白いところです(笑)

要はダニエルより総合的にみると弱いので、負けることが多いけど、ダニエルも要とチューしたいから要が負けてもいいことできるようになってくるんですよー(笑)

あーもう二人ともかわいらしいですよねー。最後まで致さないんですよ?
好きでもキスだけならキスだけ。乳首舐めるならそこまでっていう素直な要、バンザイ(笑)
ダニエルはイライラしてましたがあたしもかなりジリジリさせられたわ・・・フフフフフ

ギャグもあるけど、しんみりするシーンもあって、要とダニエルのかっこいいテニスの試合中のショットもあって、かつ色っぽいシーンはこれまた・・エロいんですよ。
絵がエロいっていうんじゃなくて、なんていうの。。雰囲気?あ、表情とか!
いい感じでした。

二人はいつまでも仲良しな気がする・・・そんな作品でした。めっさ面白かったです。

あ、あと京山さんのイラストが好きすぎる。特にこれ↓
090205_0133~0001

見ててこっちもボーってなりますね。
あーこの表情好きやー

テスト中って常こんな顔してますもん(ぇ

京山さんの他のも読んで見たーい!!!!

スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/129-759fa3ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。