categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category宝塚

太王四神記見てきました!

trackback0  comment0
みなさん、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

さて、新年になってブログさぼり気味ですが・・・
今日は韓国のドラマ「太王四神記」を舞台化した、宝塚花組公演を見に行って参りました。

ドラマの方も見たんですけど、このヨン様めっちゃかっこいいんですよー
この髪型が似合うんですよー。

冬ソナではそんなにヨン様のかっこよさが分からなかった私ですが、これでヨン様ラバーになりました。
前から気品があって素敵やなーとは思っていましたが、このドラマで演技力とか込みでヤバイ。かっこいい。
まだ見てない方は是非一度見て欲しい!!今テレビで再放送してるんでしたっけ・・・?
もう終わったんかな・・・

一応アマゾン情報あげときます(笑)
太王四神記 ナビゲートDVD太王四神記 ナビゲートDVD
(2007/06/20)
ペ・ヨンジュンムン・ソリ

商品詳細を見る


これはナビゲートDVDみたいですので間違えて注文しないでくださいね(笑)
画像が気に入ったのでこれにしたまででございます。

それでは感想ですよ。
taiou.jpg

ドラマは全23話で1話につき60分の大作だったので、たった3時間の舞台でできるのかなーと
心配だったんですが、これがなかなか上手につくってました。

まず幕が上がったときはこんな感じ090104_1056~0001

ロゴと四神のマークですね。
ちょっとこの時点で大分テンションあがりました(笑)

始めは物語の起点となる神話のお話から始まるんですがここらへんはちょっと急いでいる感じがありました。
でもすっごく上手にまとめてあったので、ドラマ見てない方でも理解できると思います。

神話の場面が終わると主役3人の話になっていくんですが、ドラマではタムドク王とスジニが最後いい感じになるんですけど、宝塚はキハという女性と最後結ばれて終わります。

ドラマと話が違うので、それぞれの四神記という感じで大変楽しめました。
ちなみに、キハはドラマでは一度タムドク王と結ばれますが最終的には別れます。

やっぱり私はドラマを見てるので舞台とドラマを比較してしまうんですが、話の感じからすると
舞台の方がやさしい感じです。ドラマの方はやっぱり時間も長いのでいろいろなエピソードがあったりしてタムドク王の厳しさや怖さも感じるのですが、宝塚の方は本当に平和を愛した優しい王という感じでした。

なのでドラマを見てるとか見てないとか関係なく楽しめると思います!
ただエピソードぐらいは頭にいれといた方がいいかもです(笑)

国名とか部族とかいっぱいでてきてややこしいんで・・・

興味をもたれた方は宝塚のサイトをのぞいてみてくださいねー→コチラ

花組さんはみなさん歌が上手なんでオススメですよー(どういう意味だ

スポンサーサイト
 









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/115-583c4ef4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。