categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category阿仁谷ユイジ

恋愛裁判の行方/阿仁谷ユイジ

trackback0  comment5
エロスだ。



恋愛裁判の行方 (ドラコミックス 188)恋愛裁判の行方 (ドラコミックス 188)
(2008/12/03)
阿仁谷ユイジ

商品詳細を見る


<あらすじ>
「どうか僕の罪を明るみに出さないで―」
同じ法曹ビルに事務所を構える弁護士の祖原と井川。
ゆる~い井川弁護士にいつも振り回されている祖原だったが、彼にはひた隠しにしている”ある想い”があって・・・?



最近話題の作家として騒がれている阿仁谷さん。
絵が微妙に苦手なので買うのを躊躇っていたのですが、「恋愛裁判の行方」という題名に惹かれて購入。(そこかよ)

いやぁ~~エロスを感じました。
でも面白かったです。満足したっ!

各お話ずつちょこっとずつですが感想どす。

・恋愛裁判の行方
表題作っすね。
あらすじは上記の通り。眼鏡キャラ祖原は井川の着替えを見て顔を赤らめたり、
顔を近づけただけでポワンとしてしまうほど、井川のことが好きなのですが、てっきり初心なのかと思えばちゃっかり彼の脱いだ服でオナっていたり、睡眠中の彼を襲うというなんとも大胆ハレンチな人でした(笑)しかも攻めだしね!

でも今こうやって感想を書いていると、プレイに目がいってしまっていたせいか井川の気持ちが不明瞭だったことに気づいてしまった・・・!
祖原のキモチはよくわかるけど、井川は今まで彼をどうやって見てきたのかが気になりますね。
てかいつから好きなんやろう(笑)襲われている途中に「僕がずっと半端な態度をとってたから・・・言い辛かったんだよね・・?」て言ってたけど、そんなずっと半端な態度とってたとか全然わからんかったんですけど!!(笑)急激にくっついたので面白いのかなんなのかようわからんくなってきた・・・
あ、でもエロかったよ(結局そこか)音がすごいんだよね。音が。

・金の運命*赤い糸
この作品が一番好きです!
エリート美大生の竹丘ユキは今まで様々なコンペで章を総ナメしていて、そんじょそこらの美術品には目もくれなかったんですが、「春町清児」の作品に運命を感じ、彼の元へ弟子入りするのでした。

別にユキは単に憧れただけで先生の元へ仕えていたんですが、この春町先生が大変ヘタレでして(笑)姉に蹴られるまで絵の創作を始められないという・・・(自信のなさから)
ですが、一度作品に入り込むとさすが。顔が引き締まり男前になるわけです。そんな姿を見てユキはフルフルしちゃうんですね。
てかこの時点でもう憧れとか通りすぎてるっしょ?!(笑)それって欲情やーん(ニヤリ)

そしてこれまた寝込みを襲っちゃうんですよ。ていっても指先をしゃぶるぐらいですが(十分襲ってるか笑)
そして先生は「えー?!」ってね。そりゃなるよね(笑)でもこれまた先生が満更でもないって顔してたのに逃げちゃうんだなユキってば。まぁ恥ずかしいよね。
普通逃げるな。うん。しかし先生が可哀想すぎる。二人の新しい関係を絶たれたんですもの(笑)

ここからの展開がかわいらしくてー><お気に入りです。きちんと先生がユキを好きになったきっかけとかも描かれているますし。だけど!Hがなかったんだよねっ!
この二人こそさせてあげてよっ(笑)そこが残念ポイントでしたー。

・FUZZYFUNNYHONEY
直訳すると「あいまいで滑稽な愛しい君」
ふむ。確かにそんな感じのお話でした。

これは山田ユギさんの「死ぬほど好き」の中の「女にしかわからない」のお話と設定が似てるかも。

友達同士のちよたとしげる。二人はいつも選ぶものが同じ。そんでもって思考回路もだいたい同じ。
好きになる女の子でさえも。

しっかし当の二人よりも回りの女の尻軽さにぶったまげた(笑)
君たち、そんな爛れた関係やめなさい。

さて、忠告したところで当人たちの話へw
んーしげるとちよたは付き合うべくして生まれてきたんじゃないかな(何)
ほんとに考えてること同じなのがすごかった。で、しげるの「ちよたの好きなものだから好きになる」宣言でちよたは当てられてしまい、そのままなぁんとなく二人は至してしまうのです。まぁでもこんだけ女取られても仲良く友達やってるあたり、1.しげる2.女っていう優先順位なんでしょうね。ちよたは。

もうこの時点で何度も言うようだが友情は超越しているんじゃなかろうか・・・笑

Hしちゃったはいいけど、お互い好きとも言ってないしこれからどういう関係としていくのかもわからない。まさに「FUZZY」な関係。でも距離を置くとどうしようもなく胸が痛んでそんな自分が「FUNNY」で
でもキモチは抑えられないぜ、「HONEY」みたいな。
あ、うまいこと言っちゃいましたかね?(黙レ)

結構最後はキュンってなりました。グフ。
でも考えることが同じだったら、相手の嫌な気持ちまでわかっちゃうよね・・

・いとしの執事さま
やばい・・・疲れてきた・・・。
こっからちょっとサックリめで(ぇ

この話は相性の相違のお話です。あれ?ちょっと違うかも(笑)
彼氏に尽くしまくってたらいきなり「別れよう」と言われた全一郎。女友達・梅子に慰めてもらうために
連れて行かれたのは執事喫茶。そこになぁんと別れたばかりの彼氏・光が・・・!!!!

って感じのお話。
執事喫茶に勤めているところからもわかりますが、彼は尽くしたい人なんですよね。
でも全一郎に尽くされてばっかで不満だったと。そういうわけです。あと、アッチにおいても常に尽くされてたから嫌だったらしい。全一郎は良かれと思ってやってたのに裏目に出てたんですね(笑)

思う存分光は全一郎を攻め倒し、イく顔も拝見したのでウマくモトサヤに。
全一郎の愛が無くなったわけでは決してない光なのでした。
てことはー、二人っていっつも全一郎が上の状態でしてたってことか・・・?(笑)

とにかく光がバリタチであることは良くわかった。

・A HEART STAIN
女にだらしない万里緒がいつも無意識のうちに千早にくっつこうとしていることを千早に指摘されて、
初めて自分が千早にくっつきたがっている=好きで触れ合いたいということに気づく。でも千早は幼少時に受けていた虐待のせいで人に触れられるのが嫌い。でも好きだから触りたいという気持ちが抑えられず万里緒はついに千早を襲っちゃうのでした。チャンチャン。

万里緒よ。千早とHする前に病気もってないか検査することを激しくオススメする。
だってこんな歌が描いてあったんだもん!

水曜日はサキちゃん狩って~♪
木曜日はリカちゃん狩った~♪
テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ~♪

ね?危ないでしょう!(笑)
でも万里緒は千早のことが泣くほど好きみたいなので、そろそろ下半身が落ち着くことを祈っています。
虐待ってやっぱりなにかしら成長期に影響を与えてしまうけど、そのことも受け入れてくれる万里緒のような存在に千早は憎まれ口を叩きながらも救われていたんでしょうね、きっと。

と最後ぐらいはきれいにまとめてみました。
こうやって書くと結構な話数だったのね・・・・。

お話の順位つけると、
1位 金の運命*赤い糸
2位 いとしの執事さま
3位 FUZZY FUNNY HONEY
4位 A HEART STAIN
5位 恋愛裁判の行方

表題作が最下位....苦笑
でもこれはなんか不足してるというかぶっとばしすぎだったきがするんだもん(ウザ)

あ!この作品小冊子企画があるんです!
drap2~4月号についている応募用紙とこのコミックについてある応募券で申し込みができるんですって。
くそう・・・本誌を買わせようとする出版社側の魂胆に屈したくないー!!!
けど小冊子欲しい・・・・・・。恋愛裁判の行方の小冊子やし・・・
スポンサーサイト
 
はじめまして!
はじめまして~!初コメです!

出だしの「エロスだ」に爆笑してしまいました!

この作品買おうかどうしようか迷ってるんです。
初めての作家さんなんで
どんな作風なのかが全然わからなくって・・・。

ただ、「エロスだ」のたった一言で
かなり買いの方に気持ちが向かってきちゃいました。
実際の帯よりこの一言の方が
購買意欲を刺激する~~(笑)

小冊子企画もかなり気になるところです。
この手の罠に片っ端から引っかかってるんですけどね~。
自重しようとは思うんですが
魅力的なんですもの~!(だめだめ・・・)
まあ、この企画に参加・不参加はまず読んでから・・・。
もうしばらく様子見してから購入を決めたいと思います!

ではでは、またお邪魔させてくださいね~★
はじめまして!
こんばんは^^

お越しくださいましてありがとうございます。

ホント読み終わった瞬間、阿仁谷ユイジ=エロスという関係式が頭に浮かびましたものでああいう出だしになりました。

感想をだらっと書いていたのでわかりにくかったかもしれないですね汗

作風は結構コメディでした。いや、大分・・・?(笑)
帯だけだと結構シリアスみたいに感じますが、いやいやどうして、そんなところはあまりありません(笑)どちらかというと笑い重視かつエロ重視・・・でもキュンとしたりもするので良いのですよ~

参考までに書かせていただきました・・フフ。
これから人気の出そうな作家さんですし、一度試しにお手にとってみるのもいいのではないでしょうか、と勧めときます(笑)

それではコメントありがとうございました♪
またのお越しをお待ちしております^^
初めてお邪魔します♪
阿仁谷さんの作品はデビューの時から騒がれていたので全て(といっても3冊ですが)買いました。

画に独特な雰囲気があって好き嫌いが別れそうだけど・・・

「恋愛裁判の行方」も早速買いに走って、お話の順位がほぼ同じで嬉しかったです(^^)

私も「金の運命*赤い糸」が一番萌えました♪

私も隠れ腐女子なのでよかったらリンクさせて下さい!
またお邪魔させてもらいますね~

読みました~!
こんばんは!

今日、購入してきましたよ★
うん、確かに麻琴さんのおっしゃる通りでした(笑)

本屋さんに行く前に古本屋さんで
この作家さんの「刺青の男」だったかな?これを
立ち読みしたんですけど
結構なハードな内容でしてね・・・
前回のコメントのお返事に
作風はコメディですとあったんですけど
実際に読むまでかなりドキドキでした。
シリアスで痛いのは超苦手なんで~!

今回のようなタッチの作品であれば好みです★
これは、もう、小冊子企画への参加決定ですね~(苦笑)

因みに一番気に入ったのは
「いとしの執事さま」でした!

ではでは、お勧めくださってありがとでした!!
>りっこさん
お!買われたんですね!私の戯言が少しでも役に立ったなら良かったです(笑)私も「刺青の男」がめっちゃシリアスっぽかったんで、買うのを躊躇ってたんですよ~!
でも他の方の意見によるとコメディテイストの方が多いらしいので、阿仁谷さんの「ミスターコンビニエンス」も読んでみようかなぁと今企み中です。ウフ。
小冊子、お互いgetしましょうねー^^

>あまねさん
はじめまして!
阿仁谷作品をコンプリートしてらっしゃるのですねっ!
流行の最先端ですねー(笑)
私も他の作品読んでみようかなーと思ってます。
まだ3作品しかない今が狙い目ですよね☆(笑)

リンク、私も是非させてください!
またこちらから御挨拶に伺いますね!
では、コメントありがとうございましたっ!









        
 
http://oumako.blog29.fc2.com/tb.php/105-0d74d222
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。