categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category日記

衝撃の珍事。

trackback1  comment4
卒論も大詰めに入り、ちょっと気分転換でもしようと、大型書店に久々に行ってきました。

そこで起こった出来事です。


今日行ってきた書店は、大型書店。
つまり、専門書もビジネス書もコミックスも、なんでも置いている本屋なわけですが、そういう店ほど、
BLコーナーというのはショボく、コミックスコーナーのはずれにちょこんと設けられているのである。

今月は新刊購入もままならなかったから、せめて漫画だけでも買おう!と意気込んで新刊BLの帯やらあらすじを
チェックしていた。

周囲には、女性の方ばかりでとても居心地もよく、人目も気にせずBL選びを揚々とやっていたら、
一人のおじさまがBLコーナーにふらっと入ってきた。

ん?中年の方がこんなコーナーに来るなんて珍しい…
でもいまどき、世代関係なく腐男子というものが存在するのかもしれない。

そんなことを頭の片隅で考えながら、買う気になったBLをどんどん増やしていたら、さっきのおじさまがいつの間にか隣に。

あら。っと思ったのもつかの間、

「あの…、これから時間ありますか?良ければお茶でも…」

そう。
なんとBLコーナーでナンパされてしまったのである。

私はまさかこんなことが起こるとは思ってもみなかったので、完全に思考回路がショートしてしまい、言葉が出てこなかった。とりあえず、否定の意思を表すために、必死で首を横に振った。

するとおじさんは、「そう…。ごめんね。」と言って、またふらぁっとBLコーナーを去って行ったのであった。

おじさんが去ってからも、何が起こったのか理解できなくて呆然としていたら、周囲の女性客の方々から若干視線を浴びていて、逃げるように私まで売り場から去るはめになってしまった。

途中まで、とてもいい気分だったのに、台無しである(#^ω^)ビキビキ

なぜそこで声をかけた!?
こんなTPOを考えない人見たことないよ!!
別に本屋出てからでもよかったでしょ!?

どっちにしろ断ったけどさ!!!!!!

そんなことはあっても、購入予定のBLは全てGETした自分が、誇らしいやら悲しいやらァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

気分転換で行ったのに、転換されすぎて結局元の気分に戻ってしまった…

そんな出来事でした。





P.S.


もしかして、声をかけてきた男性は腐男子で、私と腐トークをしたかったのかしら…なんて一瞬考えたが、
それだったらもっと違う声のかけ方があっただろうと考え直した。

もし、腐トーク目当てだったらどうするって?
・・・・お茶してもいいかな(笑)
スポンサーサイト
category未分類

拍手コメントお返事♪

trackback0  comment0
昨日の22時ごろコメント下さった方、お返事です(´∀`*)

...Open more

category日記

教授のバカヤロー!!!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

trackback0  comment0
未だに「卒論が終わらない病」に侵されています。

今日ゼミで、プログラムの問題を教授に指摘され、「アぁ…直します」

と言ったら、

「まぁそれは簡単にできるだろうなぁ」

と言われました。

できひんッちゅーねん!!(#^ω^)ビキビキ

ちなみに私の教授は、情報学教授のくせに、プログラミングがあまり得意ではありません。
なので、プログラムを改変するのにどれだけ手間がかかるかわかってないの!!!!

なーにが、「そんなことはすぐにできる」だぁ!?

じゃあ代わりにやってくれよ!!

と、逆切れしそうになりました。

あー、病気って恐ろしい。えらい短気になってる。

しかも変な意地張って、「今日中に直して明日結果伝えます( ー`дー´)キリッ」とか言ってしまった…orz

私絶対社会人になったら、無理な仕事も引き受けてしまいそうだ…

過労死しないように気を付けよう・・・

category未分類

拍手コメお返事♪

trackback0  comment0
1/20 20時ごろ拍手コメ下さった方、お返事です(´∀`)

...Open more

category日記

卒論が終わらない病

trackback0  comment0
全国の大学4回生が、一度はかかるであろうと思われる

「卒論終わらない病」

ついに私にも発病してしまった。

卒論締切は2月までだが、1月末に卒論の結果を発表しなくてはならない。

その実験が全く間に合いそうにないのである。

しかも学部の諸先生方から突っ込みを入れられても大丈夫なように、考察や練習をする時間も考えると、本当に
間に合わないのである。

しかし私の担当教授はあっさり「まぁまぁ間に合うだろう。まぁ頑張ってくれや」と、おっしゃるのであった。

そんな話を違う大学の友達に言ったら、

「大変だねー。あたしは卒論ないからさぁ。」

と他人事のように返された。

大学生で、卒論が…ない…だと!?

大学4回生になればだれもが通る道ではないのか!?

卒論がないなんて、楽すぎるではないか!!!

詳しく聞けば、私大では卒論を提出しなくてもいい大学が結構あるとか…

う、うらやましすぎる!!!(´;ω;`)ウッ

なにそれ!!
ずるいよ!!

この焦りとのせめぎ合っている中、一方ではもう卒業旅行の話ばかりしている奴がいるというのか!?

不公平だ…

そんなわけで、BLの感想がご無沙汰になっているのでした。

すみません(´・ω・`)ショボーン
category宝塚

2人のジュリエット。

trackback0  comment0
今日は2回目の宝塚雪組公演「ロミオとジュリエット」を観てきました。

先日はジュリエットが舞羽さんでしたが、今日はなんと1期生で主役の座!?で注目されている夢華さんでした。


夢華さんの代はいじめがあったり、宝塚音楽学校が裁判を起こされたりと、いろいろ悪い噂が飛び交っていたのですが、それにもかかわらず抜擢されるということは、相応の理由があるのだろうと。思っていたわけです。

そして!舞台を見て感じたこと。

歌がうまい!!!!!!!!!

今までのジュリエットで、一番上手でした。

とにかく高音でもす~っと伸びがあって、歌ってて余裕があるのです。その上、地声もしっかり出て、裏声に変わる瞬間がわかりにくくて、とっても聞きやすい歌声でした。

演技も若々しくて、かわいらしいジュリエットでした。

実は前回見たときは、泣かなかったんですが、今日は号泣でした。

まぁ今日は他の出演者のみなさん、特に前回歌が不安定だった乳母役の沙央くらまさんと、ティボルト役の緒月遠麻さんもとても歌が上手になっていて、しかも歌に込めている熱量が違ったので、泣いてしまったというのもあると思いますが、それでも舞羽さんより演技は上手だったです…。

なんだろう、上品さがあるかわいさ?あと、涙をこらえてセリフを言っているところとかもすごく気持ちが伝わりました。

舞羽さんもかわいいんですけど、村娘的な可愛さというか…、かなりバタバタしたジュリエットだった印象があります。あとロミオのことを死ぬほど愛しているという気持ちがあんまり伝わらなかったんですよね。

その点、夢華さんは上手に演じられていたかな~。

ビジュアルはねねちゃんがダントツですが、歌、演技は夢華さんの方が好きでした。
ビジュアルはお化粧でいくらでも綺麗にできますしね~。

ねねちゃんのジュリエットも、もの凄くロミオとラブラブで大好きですけど、ちょっとぶりっ子過ぎたきらいがあるので、自然の演技でかわいらしかったという点で夢華さんの評価が↑しました。

嫌な噂はある彼女ですが、やはり能力が高いと、大抜擢でも納得してしまう不思議です。
特に歌劇ですから、歌がめちゃくちゃうまいというのはかなりポイント高いです。

私の後ろに座ってたおばちゃん達も、「舞台でよく通る声持ってるなんて、いやらしいなぁ~」と渋々彼女の良さを認めているような感じでした。

う~ん。さすがに劇団側も、上手に配役を決めますねー。

ただ、悪いイメージを能力で払拭できるか、そこが問題ですね。

私はあまり(・ε・)キニシナイ!!方なんですが、知り合いは「あの子がいる限り雪組は見ない!」とまで豪語してましたからね…

物事の捉え方は、人それぞれですよね。
category日記

腐女子の否認

trackback0  comment2

マルコ福音書 一四章 六六~七二節

  ペテロは下で中庭にいたが、大祭司の召使の女が一人来て、ペテロが火にあたっているのを見つけ、彼をじっと見つめて言った、「あなたもあのナザレ人イエスと一緒だった」。ところが、ペテロはそれを否定して、「知らない。お前が言っていることは何のことだか分からない」と言って、外庭へ出て行った。[すると鶏が鳴いた。]  そこでも先の召使の女が彼を見つけ、またもや回りの人々に「この人は彼らの仲間です」と言い始めた。ところがペテロは再びそれを否定した。しばらくしてまた、回りの人たちがペテロに言った、「お前はたしかに彼らの仲間だ。お前もガリラヤ出だから」。 ところがペテロは、嘘なら呪われてもよいと言い始め、誓って言った、「あなたがたが話しているそんな男をわたしは知らない」。するとすぐ、鶏が二度目に鳴いた。ペテロは「鶏が二度鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないと言うであろう」とイエスが彼に言われた言葉を思いだし、うち砕かれて泣き続けた。



今日こそペテロ(イエス・キリストの第一の使徒)の気持ちがわかったことはない。

大学の研究室で、院の先輩たちと最近の漫画の話をしていた。

先輩の一人(男性)が、女優・多部未華子さんのファンであることから「君に届け」を知り、原作もすべて読んだという話になった。

私も途中までは読んでいたが、主人公の女の子は気味悪がられていてもなんだかんだかわいいし、綺麗だし…
やっぱり漫画は漫画だなーと感じてしまってから、読んでいなかった。作品がどうこうというわけじゃなく、単に私の中で君届熱が少し冷めてしまっただけの話であった。

すると、先輩は何を思ったのか、「ははーん。お前腐女子やな。」と言い始めた。

私は驚いた。今の会話からなぜ腐女子の単語が出てくるのか。
女子は少女マンガ批判(批判のうちにも入らない)すらできない世の中なのか。

私は慌てて否定した。

「腐女子じゃないです。今の流れでどっからその単語が?腐女子の定義わかってますか?」と。

すると先輩はこう言った。「知ってるで。男同士が好きな女やろ。」

わかってるやないか( ゚д゚)ポカーン

そこで私はこう答えた。
「ならなんで私が腐女子だと?」

先輩はその質問には答えなかった。

それ以来、その先輩はふと思い出したかのように、「なぁ?腐女子の○○さん」などと話を振ってくるようになった。

そのたび私はこう答える。

「腐女子ではない」

「BLなんて読まない」

「BLなんて知らない」

先輩たちも冗談で、私がいちいちリアクションをとるから面白がって言っているのであろう。

しかし真実は腐女子である自分は、反射的に否定してしまうのである。
それはなぜ?

社会的に後ろ指を差される立場だと自分で思っているからだ。

イエス・キリストの第一の弟子だったペテロが、イエスが逮捕されるにあたって自分の身にもその危険が迫ってきたときに、イエスを3度も否定してしまった。そしてその後そんな自分が情けなくて泣き崩れる。

そんな彼の存在を今までこれっぽっちも思い浮かべなかったのに、自分がBLの存在を否定した瞬間、彼のことを思い出した。

全国の腐女子たち、BLを作り出している作家さんたちや出版会社さんたちに対して、とてつもない後ろめたさを感じた瞬間でもあったのだった。
category清白 ミユキ

幸せのデセール/清白 ミユキ

trackback0  comment0
今日は成人の日ですね!

新成人のみなさんおめでとうございます!!

でも正直学生のうちは、成人した気分にはならないと思いますが(笑)

しかし近年の着物の着こなしにはびっくりします。

ちょっとケバすぎやしないですかい??

どこのお水のねーちゃんだよっつーぐらい洋風な髪形に髪飾り。
そしてどう見ても着物と似合わないどでかいピアス。

私は、古風に着るのが好きなので、最近のギャルたちの着物のきこなしは許せません(ぇ

まぁ個人の自由なんですけどね。
着物はもっと清楚に着こなすものだと思うのですよね。

まぁ個人の自由ですけどね。(しつこい

さて。

プラチナフェアについつい手を出してしまい、購入せざるを得なかった本日の本。

思いのほか楽しめて、お得な気分でした。

...Open more

category宝塚

宝塚雪組『ロミオとジュリエット』を観てきて、思った。

trackback0  comment0
今日は、宝塚大劇場雪組公演『ロミオとジュリエット』をみてきました!

不満なことなども言ってますので、不快に感じる可能性がある方は見ないで下さいネ。

...Open more

category日記

明けましておめでとうございます!

trackback0  comment0
なんだかバタバタしている間に、年が明けていました(笑)

皆様、明けましておめでとうございます。

大学に入ってから始めたこのブログも、今年で4年目…

学生時代最後のお正月となってしまいました。

更新頻度はのろいですが、コメントや拍手を下さった方とコミュニケーションをとりつつ楽しくやっていこうと思っていますので、本年もよろしくお願いします。

昨年はBL小説があんまり読めておらず、漫画ばかり読みふけっていたような気がします。

積んだ本もたくさんありますし、そろそろ小説ばっかりWEEKを開催せねばという気持ちでいます。

そのときはまたお付き合いして下さると幸いです。

それでは今年も皆様のご多幸を願っています。

                             
                         桜花 麻琴
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。