categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category榊花月

ダークサイドを歩け/榊 花月

trackback0  comment0
こんばんわ。昨日と今日でBL二冊読むことができました!

今日一気に感想を書こうと思ったんですが、ひとつは明日にとっときます(笑)

目指せ!毎日更新!のためにも、そうしたいと思います(笑)

今日は昨日読んだ、榊花月先生の「ダークサイドを歩け」(ルチル文庫)です。

今まで気にしてなかったんですが、やっぱり多少ネタバレ有りです。ご了承くださいませ。

ではどーぞ♡


31996694.jpg


あらすじ

香西五月は4年前、先輩が自分をかばって刺殺されたのをきっかけに刑事を退職して、今は私立探偵をしている。
清和会の若頭・初芝慎吾と身体の関係を続けている香西だが、犯罪者への憎悪を拭いきれず、初芝に対しても複雑な思いを抱いていた。
ある日、家出した高校生・悠を連れ戻す依頼を受けた香西は、先輩を刺した青年の所在を偶然知るが・・・・・・?!

感想

読後の感想は、なんともいえませんでした。ハッピーエンドなんですけどね。
おいおい話していきたいと思います。

まず物語ですが、ざっというと上記のあらすじ通りで、香西が悠の依頼を受けたことがきっかけで、先輩を殺した青年がいる場所を知り、今までの憎悪からその青年がからんでいる施設やヤクザに対して単独捜査を始める・・・って感じです。ちなみに悠はキーパーソンです。

この事件結構シビアでした。幸せな雰囲気が好きな私としてはちょっと重かったです。

家出少年悠は、ヤクザのところに転がりこんでいたところを香西が連れ戻すんですが、その後
家にいたくないから居候させてくれ、と悠が頼んできて同居&香西が単独捜査を始めるきっかけとなります。

私がこの作品を読んで思ったのは、妙にリアルでした。
BLで扱う極道って結構人情やくざが多かったせいか、彼らの残忍さを思い知らされました。
現実だったらこの展開は当たり前なのかもしれない、と落ち込みながらも納得しました。

もうひとつ思ったことは、攻めがあまり登場しないんです。
BLでしかも極道ものだったらめっちゃ攻めのやくざが濃かったりするじゃないですか。
でもこの作品の攻め・初芝は全然話の核に触れてきません。はっきり言ってしまえば、受け一人が主役って感じでしたね。
でも、初芝の人柄は誠実でやさしくて(香西に対してはだと思いますが)私は好きでした。
香西は初芝に対してどんな態度をとったらいいかわからなくて困惑している場面が多々ありますが、そんな香西を丸ごと受け入れているやさしさがいいなと思いました。

そう、それと私がこれで一番ショックだったことがあります。
これは話上言わない方がいいのかもしれませんが、もしこれを参考にしてくださっている方がいるなら、言った方がいいと思って言わせていただきます。

香西、やくざたちに輪姦されます。

やっぱ苦手です。強姦や輪姦あると泣きそうになります。
男が一番やっちゃいけないことだと思うん。精神的に一番きつい。読んでるこっちもツラい。

香西が輪姦された事実を受け止めていることと、その最中の描写がなかったことがまだ救いでした。でもやっぱり、ありえへんてわかってるけど、危機一髪で攻めが助けにきてほしかった・・・。

こういう暗い所に捕らわれがちでしたが、この作品をせめているわけではありませんよ。
好みの問題です。話構成はしっかりしてたし、現実的なお話でしたので、小説としては良いと
思います。ファンタジーっぽい、BLだから通用する話があまり好きでない、よりリアルな感じが好きという方におすすめですかね。

最後は初めにも述べたとおり、HAPPY END!!です。じゃないと救われませんよね(笑)
ちょっと暗めテイストですが、受け攻めの掛け合いは甘めテイストです。
受けがつらい目に結構合うので私はそんなに好きになれませんでしたが、興味をもたれた方は読んでみてください^^
スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。